サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

昭和期美術展覧会の研究 戦前篇

昭和期美術展覧会の研究 戦前篇

  • 東京文化財研究所企画情報部(編)
作品 著者 ページ
「統制」と「国際」の時代 田中淳 著 5−30
戦前の県展 田中修二 著 31−46
昭和前半期の美術 植民地・占領地の美術 後小路雅弘 著 47−61
「婦女子」の日本画 藤井素彦 著 65−84
床の間の上の裸婦 塩谷純 著 85−104
「工芸展覧会」としての商工展 寺尾健一 著 105−118
国民性の発露としての工芸 本橋浩介 著 119−132
昭和戦前期の官展彫塑年代記并朝倉塾 村山万介 著 133−160
銀座紀伊國屋ギャラリーという場所 大谷省吾 著 161−181
満洲国美術展覧会をめぐって 江川佳秀 著 183−216
矢部友衛とプロレタリア美術研究所 喜夛孝臣 著 219−239
一九三〇年代の大阪におけるヨーロッパ前衛絵画の受容と展開 平井章一 著 241−255
日本版画協会 西山純子 著 257−272
青龍社と「会場芸術」 長嶋圭哉 著 273−293
前衛主義と伝統主義の相克 菊屋吉生 著 295−327
小野佐世男 足立元 著 329−345
梅原龍三郎の絵画技術について 小林俊介 著 349−364
モニュメントとしての木彫 沓沢耕介 著 365−378
昭和前期の美術界と写真作品 光田由里 著 379−390
機械的視覚メディアの「影響」からみる昭和十年代の前衛絵画 谷口英理 著 391−409
最小限住宅とその室内設備に関する一考察 敷田弘子 著 411−440
描く兵士 河田明久 著 443−464
絵画館と壁画 澤田佳三 著 465−482
戦争美術展における「銃後」図像に関する試論 吉良智子 著 483−501
昭和戦前期彫刻における公共的モニュメントの展開 齊藤祐子 著 503−518
南進政策と美術 滝沢恭司 著 519−540