サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

収録作品一覧

DNA多型 Vol.17

DNA多型 Vol.17

  • 日本DNA多型学会(編)
作品 著者 ページ
DNAマーカーを用いた日本シバ(Zoysia spp.)の分子育種 屋祢下亮 述 1−5
薬物動態関連遺伝子の多型と薬物相互作用 横井毅 述 6−10
D19S433プライマー結合部位における突然変異例 辻彰子 著 11−13
集団頻度情報を用いないゲノムワイドなSNPタイピングによる親縁係数の推定 木村亮介 著 14−17
SRY,STS及びアメロゲニン遺伝子領域とX,Y及び第7染色体上のそれらと相同性の高い領域の同時増幅による新しい性別判定法 森川俊雄 著 18−21
SMAP法による歯髄からの性別判定 堤博文 著 22−25
氷河期の遺存種イイズナの系統地理と進化史 黒瀬奈緒子 著 26−28
カラス類のペリットからのDNA解析による種の同定 後藤三千代 著 29−32
チョウセンアカシジミのミトコンドリアDNAによる個体群解析 永幡嘉之 著 33−35
ドーパミン受容体D4サブグループ(DRD4)遺伝子多型を指標とした木曽馬のセラピー用ホースとしての行動特性評価 向山明孝 著 36−39
アライグマにおけるミトコンドリアDNA軽鎖複製開始点の研究:多型性と保存性 徳富智明 著 40−43
イヌにおけるヒトABO類似遺伝子の多型性解析 仙波秀美 著 44−46
日本ザル集団のSTRおよびSNP−DMPA検出による解析 中屋敷徳 著 47−50
京都府におけるアライグマの母系解析 高田雄三 著 51−54
ガーナ在来犬の遺伝的多様性および他品種との近縁関係 Boniface Baboreka Kayang 著 55−62
霊長類の種内変異を解析するためのPCRプライマーデータベースPrim‐Primの開発とその応用 斎藤成也 著 63−65
ダイズにおけるPCRベースのDNAマーカー開発へ向けたPCR−RF−SSCP法の適用 林正紀 著 66−70
SSRマーカーによるキウイフルーツのDNA品種判別技術の開発 1 DNA抽出方法とSSRマーカーの選択 保坂ふみ子 著 71−74
SSRマーカーによるキウイフルーツのDNA品種判別技術の開発 2 品種同定とデータベース構築の試み 山本俊哉 著 75−79
植物におけるDNAメチレーションのRLGS解析 奥泉久人 著 80−84
レトロトランスポゾンDNAマーカーを用いたアズキ品種「しゅまり」の識別 中川藍 著 85−91
クリ加工品からのDNA鑑定技術の開発 寺上伸吾 著 92−95
DNAマーカーによるタイピングデータを用いて複数品種が混合されている食品に含まれる原材料品種を判定するソフトウェアの開発と小麦加工品への適用 藤井浩 著 96−101
オウトウのDNA品種識別技術の妥当性確認 杉澤武 著 102−105
ハクサイの品種判別におけるSSRマーカーの利用 古川真 著 106−109
SSRマーカーを用いた国産小麦と輸入小麦銘柄の効率的判別法 藤田由美子 著 110−113
オウトウの品種識別に用いるSSRマーカーの塩基配列解析と遺伝子型データベースの作成 高品善 著 114−117
秋輪ギク無側枝性系統のDNAマーク開発 白尾吏 著 118−120
Cytbを利用したハマトビウオ属6種の種判別について 大原一郎 著 121−125
アコヤガイの貝殻形成に関与するKRMP遺伝子の多型性と遺伝性の解析 正岡哲治 著 126−135
mtDNAのPCR−RFLP分析と外部形態によるハタハタの集団構造解析結果 柳本卓 著 136−143
mtDNA COI領域を用いたイカ加工製品の原料種判別 若林敏江 著 144−146
アオメエソ類魚類の集団遺伝学的研究 武内瞳 著 147−150
SSP−PCR分析による水産近縁種判別結果の電気化学測定法を用いた迅速・簡易検出 柳本卓 著 151−154
DNAマイクロアレイによる海域微生物叢のメタゲノム解析の試み 小林敬典 著 155−160
X−STR 3座位の塩基配列解析 永井淳 著 161−164
霊長類のC1R遺伝子について 中川真由美 著 165−168
ヒ素代謝に関与するAS3MT M287T多型はアジア人特異的低変異性を示す 藤原純子 著 169−172
アンドロゲンレセプター遺伝子法(HUMARA)を用いた健常人爪X染色体不活性化パターンの解析 岡田眞理子 著 173−176
核酸分解酵素DNase Ⅰ遺伝子の転写調節機構の解明 高木利恵 著 177−179
Ninhydrin反応強度を指標としたDNA分析限界の客観的評価法 第2報 紙面に付着した脱落上皮細胞試料のDNA分析 落合恵理子 著 180−183
鑑定資料の爪から検出されたIdentifiler Kitの2領域における非特異ピークについて 廣重憲一 著 184−186
法科学的試料におけるDNA IQ Casework Sample Kit for Maxwell 16の検討 松山修二 著 187−190
バラバラ死体の個人識別 佐藤彌生 著 191−196
MiniSTR法の劣化試料への応用事例 沖貴仁 著 197−199
直接PCR法によるDNA型判定 佐藤耕一 著 200−202
血痕からのAP siteの検出と修復について 鉄堅 著 203−205
Real‐Time PCRを用いたTaqMan Probe ABO genotyping 前田一輔 著 206−209
リアルタイムPCRを用いたABO遺伝子型検査法の開発 室友紀 著 210−212
Mentype Argus X−8 PCR Amplification kitのPCR条件検討について 田村明敬 著 213−215
ニワトリ初期胚におけるDNAメチル化状態の変化 臼井文武 著 216−218
マルチプレックスSNPタイピングによる法医学的試料からの民族推定 高橋麻衣子 著 219−221
部分二重鎖DNAプローブを使った新規SNPs検出方法 嶋田直彦 著 222−225
Real‐time PCRによるハプトグロビン遺伝子型の判定 副島美貴子 著 226−229
細胞転写法を用いたマイクロダイセクションによるDNA型判定 常盤尚子 著 230−233
蛍光標識産物鎖長多型法によるSTR検査法の開発 渡辺剛太郎 著 234−236
PCR−SSCP法によるANKK1(Ankyrin repeat and kinase domain containing 1)遺伝子のSNPs解析と各人種間における遺伝子頻度の比較 中村貴子 著 237−242
H19インプリント遺伝子のハプロタイプ分析 中屋敷徳 著 243−245
日本人におけるSNPsデータベースの充実と識別精度向上の検討 橋谷田真樹 著 246−249
ミトコンドリアDNA D‐loop領域の多様性についての検討 加藤秀章 著 250−252
補体I因子CFI*Aは二つの集団特異的遺伝子からなる 湯浅勲 著 253−255
心臓ナトリウムイオンチャネルコード遺伝子(SCN5A)プロモーター領域に存在するSNP解析 中留真人 著 256−259
ヒトRNase superfamily遺伝子における非同義置換型SNP解析 藤原純子 著 260−264
ミトコンドリアDNA多型からみた北日本縄文人 安達登 著 265−269
日本人における21 X−STRの出現頻度とハプロタイプ 中村安孝 著 270−273
モンゴルの5地域ヒト集団及び日本人集団における17 Y−STRsの比較 山本敏充 著 274−276
乳幼児突然死とNOS1AP遺伝子多型との関連性 大澤資樹 著 277−280
職場ストレスとグルココルチコイドレセプター多型の関連 勝山博信 著 281−283
リンパ腫好発近交系マウスにおけるマイクロサテライト不安定性の検討 カシンスキー・リチャード 著 284−285