サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

収録作品一覧

国連研究の課題と展望

国連研究の課題と展望 (国連研究)

  • 日本国際連合学会(編)
作品 著者 ページ
国連研究50年の回顧 香西茂 著 13−23
国連研究の課題 横田洋三 著 27−53
多国間主義とグローバリズムの間で 星野俊也 著 55−76
国連安全保障理事会の創造的展開とその正当性 佐藤哲夫 著 77−103
The United Nations Entrepreneurship in Global Public Policy Tatsuro Kunugi 著 105−127
国連開発システムの政治経済学 島田剛 著 131−151
軍備管理・軍縮・不拡散交渉と国連システム 一政祐行 著 155−174
国連システムにおける調達行政の意義と企業・NGOの役割 坂根徹 著 175−194
国連平和維持要員の性的搾取・虐待に対する不寛容政策 金武真智子 著 195−217
国際連合の活動におけるSSRについての考察 安藤友香 著 221−238
横田洋三・宮野洋一編著『グローバルガバナンスと国連の将来』 渡邉昭夫 著 241−244
大平剛『国連開発援助の変容と国際政治−UNDPの40年』 村田俊一 著 245−248
功刀達朗・野村彰男編著『社会的責任の時代−企業・市民社会・国連のシナジー』 笠原重久 著 249−254
ジェレミー・マタム・ファラール『国連制裁と法の支配』 吉村祥子 著 255−259
ロジャー・ノルマン、サラ・ザイディ『国連における人権−普遍的正義の政治史』 富田麻理 著 261−264
ブライアン・フレダーキング『米国と安全保障理事会−冷戦後の集団安全保障』 小森雅子 著 265−269
リース・モリェ・ハワード『国連PKOと内戦』 井上実佳 著 271−275
2008年度ACUNS学会に参加して 志村尚子 著 279−281