サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
はじめに 井上宏 著 9−14
ユーモア感覚で創造性を磨け 久田成 著 16−23
おかしさ発生の仕組み 葛西文夫 著 24−31
笑根を据えて 村田忠良 著 32−37
「笑い学」研究について 井上宏 著 38−55
はじめに笑いありき   56−70
笑縁曼荼羅 町田孝三郎 著 71−79
ユーモアと笑いの力 木村洋二 著 80−82
笑いの医学的考察 昇幹夫 著 84−90
お母さんが落語を聴くと、おなかの中の赤ちゃんは?! 松本治朗 著 91−97
太く、長く、笑って、コテッ! 北畑英樹 著 98−105
癒しのユーモア 柏木哲夫 著 106−113
笑いや感動が遺伝子を目覚めさせる 村上和雄 著 114−122
笑いのセラピー「大道芸療法」 馬場雄司 著 123−131
科学が明かす笑いと健康 笑いと脳 岩瀬真生 著 132−150
ユーモア衣装療法 爲近岳夫 著 151−156
ホスピタル・クラウンの世界 ショバーナ・シュエブカ 著 157−162
笑い飛ばしてガンを治そう 昇幹夫 著 163−165
「お笑い」の歴史 相羽秋夫 著 168−172
芸能文化と笑い 織田正吉 著 173−177
〈笑い〉をめぐる文明開化の時代相 長沼秀明 著 178−186
私設寄席「狸ばやし」奮戦中 宮原勝彦 著 187−188
日本のジョーク 長島平洋 著 189−212
ナンニモ船長小伝 織田正吉 著 213−215
現代川柳が語る人の生老病死 隠岐和之 著 216−228
奇祭「笑い講」に井上会長が特別参加!! 安部剛 著 229−231
「笑い」の在りか 武内さやか 著 232−241
笑う小津安二郎 森下伸也 著 242−244
出口王仁三郎と笑い 上本雄一郎 著 245−254
シャンソンにおける笑い 戸板律子 著 255−268
なぜ、来年のことを言うと鬼が笑うのか 三橋真人 著 269−274
「鼻かけ恵比壽の初笑い神事」報告 札埜和男 著 275−279
放送と笑い 熊谷富夫 著 282−288
幼児と笑い 原坂一郎 著 289−298
笑いは異文化にどう伝わったのか 三木健二 著 299−308
悪態の効用 井上宏 ほか述 309−317
高コンテキスト社会と低コンテキスト社会のコミュニケーションにおけるユーモア 大島希巳江 著 318−331
異文化交流 桂かい枝 著 332−337
「キャラ化」して「笑い」を操る若い世代 瀬沼文彰 著 338−349
予告されるジョーク ティル・ワインガートナー 著 350−356
イギリス人落語家が魅せられた大阪の笑い・ニッポンの笑い ダイアン吉日 著 357−369
おわりに 羽鳥徹哉 著 371−377