サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

収録作品一覧

アートディレクションの黄金比 現代アートディレクターたちの美意識と方法論

アートディレクションの黄金比 現代アートディレクターたちの美意識と方法論

  • 植原 亮輔(ほか述)/ カラーズ有限会社(編著)
作品 著者 ページ
全体像はぼんやりとしているけど、細部に入っていくとリアリティを持っているという状況が、僕は素晴らしいと思うんです。 植原亮輔 述 5−28
僕にとってはデザインが最上位概念で、その中のフィールドに広告やパッケージ、グラフィックやプロダクトなどがある。 佐藤可士和 述 29−52
僕がデザインを手掛ける時の指針として“美大生モード”と“近所のおばさんモード”の両立があります。 佐野研二郎 述 53−76
「ありそうでないものを作る」って僕はすごく好きで、僕が作るもので奇を衒ったのは1つもないと思うんです。 水野学 述 77−99
小さなマークを作る時も、クロスメディアを駆使したコミュニケーションキャンペーン全体を考える時も「デザイン」するという感覚においては同じことなのではないかと感じています。 米村浩 述 101−124
小さなコミュニケーションを大事にしながら、そこからしか生まれようのないモノを共同で作っているという、そんな状況が理想です。 佐藤直樹 述 125−148
未来を見ることが過去につながるわけで、未来に興味がある。そして、未来は人の頭の中にあると思っています。 中島英樹 述 149−172
デザイナーを始めてから30年ぐらい経って、雑誌で本当に面白いのはレイアウトなんだと最近気が付いたんです。 藤本やすし 述 173−196
1人で絵を描いていることと広告的な仕事は真逆なのですが、両者を突き詰めればテーマは“人間とは何か”になります。 タナカノリユキ 述 197−222