サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
『夜の寝覚』の中宮試論 勝亦志織 著 7−12
「夜の寝覚」末尾欠巻部復元「ちご宮」について二説 米田明美 著 13−17
改作本『夜の寝覚』の補作和歌とその方法 神田久義 著 19−24
『堤中納言物語』「逢坂越えぬ権中納言」論 陣野英則 著 25−33
『狭衣物語』論 大倉比呂志 著 35−39
『狭衣物語』の『枕草子』受容 中城さと子 著 41−49
『とりかへばや』物語における「世」 乾澄子 著 51−56
甦る葵の上 宮崎裕子 著 57−61
『大鏡』の外的原形態 森下純昭 著 63−73
『大鏡』の副助詞バカリとノミ 田中敏生 著 75−83
『大鏡』における藤原隆家 石原のり子 著 85−91
院政期における〈語り〉の一側面 高野慎太郎 著 93−98
平安朝説話文学に見える「夢」 倉本一宏 著 99−105
『日本霊異記』説話の伝達について 塩入秀敏 著 107−115
『日本霊異記』の異類婚姻譚 小林真由美 著 117−126
『日本霊異記』の天皇と経典世界の王 渡部亮一 著 127−130
勝尾寺百済王后説話の構造と伝流 池上洵一 著 131−142
彦根城博物館所蔵『今昔物語』巻二の本文の位置づけ 中根千絵 著 143−154
チョーサーの説話と『今昔物語集』の比較研究 塩見知之 著 155−165
今昔物語集のK入声音漢語「装束」 二戸麻砂彦 著 167−178
今昔物語集の「イハク」の用法 谷光忠彦 著 179−184
『今昔物語集』における「アヒグス(相具)」の文体的性格について 青木毅 著 185−192
狐女房の死 永藤美緒 著 399−406
『今昔物語集』の夢説話をめぐって 高陽 著 392−398
怪異の語り方 小島孝之 著 193−203
『參天台五臺山記』訳注稿 3 衣川強 著 205−218
一人称で書くということ 土方洋一 著 219−225
王朝女流日記文学における「鐘の音」の機能 高野祥子 著 385−390
『土佐日記』における新ジャンル創造の方法 佐藤美弥子 著 227−233
『蜻蛉日記』の夢 池田節子 著 235−237
『蜻蛉日記』の夢と作品構造 山本真理子 著 239−248
『蜻蛉日記』の「あがたありき」 内野信子 著 249−258
『蜻蛉日記』「苔ついたる松の枝につけてものす」 岡内弘子 著 259−262
『蜻蛉日記』における副助詞ダニの諸用法とその連関 田中敏生 著 263−271
夢の世・夢の歌 秋山虔 著 273−278
『和泉式部日記』は一人称作品 藤川晶子 著 279−285
「思ひ立つ」召人 加藤和泉 著 287−294
〈女房〉和泉式部の日記 石坂妙子 著 295−299
紫式部の出家観 鈴木裕子 著 301−313
堺本枕草子における類纂の特性と構成力 山中悠希 著 315−321
枕草子の言葉 大洋和俊 著 323−334
枕草子「三月ばかり物忌しにとて」章段攷 中田幸司 著 335−341
『枕草子』自賛譚の行方 同免木利加 著 343−349
清少納言の男性批評 津田克巳 著 379−384
枕草子「二月つごもりごろに」の段年時考 赤間恵都子 著 351−357
耳を聞く 安藤徹 著 359−367
『枕草子』の源宣方 高橋由記 著 369−377