サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

皇統迭立と文学形成

皇統迭立と文学形成 (研究叢書)

  • 大阪大学古代中世文学研究会(編)
作品 著者 ページ
記念論集『皇統迭立と文学形成』趣意と概要 荒木浩 著 1−6
天智系としての宇多天皇 滝川幸司 著 9−26
拾遺和歌集と天皇 田島智子 著 27−57
『伊勢物語』における清和天皇 木下美佳 著 59−74
光源氏と〈皇統〉 藤井由紀子 著 75−94
『大鏡』における皇統 石原のり子 著 95−108
坂上の宝剣と壼切 荒木浩 著 113−148
天皇の代替わりと『讃岐典侍日記』 丹下暖子 著 149−166
「鳥羽法皇六十日大般若講願文」における罪の意識 仁木夏実 著 167−185
承久の乱前後の菅原為長と願文 中川真弓 著 187−205
楽器と王権 中原香苗 著 207−238
『とはずがたり』における両統迭立 高嶋藍 著 241−259
法守とその時代 米田真理子 著 261−279
『新葉和歌集』における後醍醐天皇の待遇と南朝の来歴 勢田道生 著 281−303
仙源抄の定家本源氏物語 加藤洋介 著 305−320
確立期の御所伝受と和歌の家 海野圭介 著 323−354
近衞基熈の『源氏物語』書写 川崎佐知子 著 355−379