サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
国賠訴訟の原告になって 柳原浩 著 1−14
いきなり警察が来た 柳原浩 述 15−66
氷見事件国賠の大きな意義 奥村回 著 67−74
富山(氷見)冤罪国賠と個人被告について 井上清志 著 75−88
「自白」偏重の警察の構造的体質と闘う 小倉利丸 著 89−97
氷見事件とDNA型鑑定 磯部忠 著 99−115
氷見事件の国賠訴訟について 松永定夫 著 118−120
なぜ冤罪事件が後を断たないのか 川原登喜の 著 120−121
柳原さんの国賠に寄せる 堀元政仁 著 122−124
冤罪を生む警察のうそ 土井由三 著 124−127
権力犯罪を生む富山の心的風土 美谷克己 著 127−131
マスコミは「真犯人が出たから無罪」で終らせてよいのか 浅野健一 著 133−164
富山で作られた2つのテレビ番組について支援者としての思いを重ねて 山際永三 著 165−174
富山(氷見)冤罪の経過   226−227
富山冤罪国賠を支える会への参加を   224−225
申入書   221−223
訴状   186−220
再審無罪判決   181−185
この冤罪の真相究明へ!   176−180