サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

収録作品一覧

子不語 2(東洋文庫)

子不語 2 (東洋文庫)

  • 袁 枚(著)/ 手代木 公助(訳)
作品 著者 ページ
あだ情け   17−19
狒々   35−36
酔っ払いの城隍神   228−231
万年補欠候補   231−236
鬼をおそれるな   237
狐の家庭教師   237−240
何家の三婦   240−244
前縁と後縁   244−249
纏足残酷譚   249−254
生きながら冥土の判官となった男   254−256
冥府からの招請   256−263
意味不明の詩   263−264
  37−38
龍の爪   264−268
開闢以前の樹   269−270
石碑、群蛇を呑む   271−274
臨終の手   274−275
宿怨   275−281
伍子胥の鞭   281−283
少年の歎き   283−287
文書偽造   287−297
廟中の怪   297−299
風水の利を奪う   299−301
蘇生   38−39
紫糸囊   302−305
人蔘は軽々に服すべからず   305−308
二千年の宿冤   308−311
恩人の家を騒がす   311−314
妖夢   314−316
土偶   316−318
東岳大帝の裁き   318−321
勾鬼の忠告   321−325
甥の就職依頼   326−329
祖先の顔   329−331
後身の任   39−40
もう一つの廟   331−333
亡霊、妻を救う   41−43
訪仙   43−45
婦胎の穢れ   45−50
楼上の石怪   51−52
狐の恩返し   52−55
試験場の悪夢   56−59
大盗   19−21
山が動く   59−61
お百度参り   61−63
哀号   64
癩犬   65−66
麻布   66−69
東拉西【シャ】   69−71
釘付けにされた縊鬼   72−74
盲、蛇に怖じず   74−77
鼠の嚙んだ首   77−78
冥界からの消息   79−83
長城を築け   22
雷に抗う   83−85
瘟病を防ぐ法   85−88
草衣翁   88−91
夏公の三話   91−94
金谷の遊   94−96
相思相愛の仲   97−99
督学の収賄   99−104
鬼女との再会   104−107
仙、聖、仏はみな嬰児   107−109
紅花洞の女鬼   109−112
銅鉄を食らう獣   23
毛人、裸婦を攫う   112−114
雲雨のこと   114−116
張天師の誤算   117−119
前世の墓に詣でる話   119−123
結婚を迫る女鬼   123−127
狐の殺戮への裁き   127−129
紂王の臣の回顧談   130−133
怪童子   133−134
門祭の由来   135−137
裸女、雨を呼ぶ   137−139
獣の情   23−24
墓の杖刑   140
黄衫の老婆   140−142
父子鬼   143−144
蛇とむかで   144−145
雷も俗吏の如し   145−146
いい子だ!   146−148
好色の勧め   148−149
美少女   150−152
城隍様もご存じあるまい   152−153
楷書と草書といずれが先か   154−155
逸老   24−25
史論   155−158
鬼の飛び道具   158−160
運命を改める   160−162
描いた鬚   162−163
官話を話す鬼   164−166
天に戻れなくなった雷公   166−167
清官は出世できない   168−169
硬直死体   170−171
人食い亀   171−172
利子を生む棺   172−173
鴨の片思い   25
狐仙の会議   173−175
五通神の祟り   175−177
紙人形   177−178
鬼に憑かれた教師   178−180
我が墓を毀つなかれ   180−181
宿敵   181−182
妖剣   182−184
墓守り   184−186
狐の援助   187−190
合葬を拒む   190−191
【シュ】砂   26−31
妾の子   192−193
焼死の運命   193−195
玄女の娘   196−197
烏江   198
間違って死んだ   199−200
銅十五貫の福分   200−201
輪廻について   201−203
あの世でこの世の妻を売る   204
勘定高い父親   205−207
下手な碁をさす道士   207−209
城隍の身分   32−35
水木の精の祟り   211−212
盗掘   213−216
大善の人は嗅ぐべからず   216−217
あの世とこの世の間   217−219
棺の中に小人十八人   220
包公のまねごと   220−222
城隍、冤をそそぐ   222−224
鬼に各々臭いあり   224−225
戻ってきた酒肴   225−227
縊鬼と水鬼の争い   227−228