サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
秀吉政権の東国支配と木曾材調達 曽根勇二 著 8−25
徳川家康天下掌握過程における井伊直政の役割 野田浩子 著 26−38
老中就任者についての基礎的考察 白峰旬 著 600−617
女院附武家考 横田信義 著 592−599
寛保〜延享期における大坂町奉行所の金銀出入取捌法改革 安竹貴彦 著 39−47
長崎番方地役人と正徳新例 添田仁 著 48−59
江戸幕府治安維持に関する一考察 安高啓明 著 584−591
長崎貿易体制と元文銅座 今井典子 著 60−73
幕末期京都における一橋徳川家用談所 加藤弘之 著 74−88
山川浩編述『京都守護職始末』にみる文久年間 杉谷昭 著 89−93
『京都守護職始末』にみる元治・慶応 杉谷昭 著 577−583
文久・元治期における秋田藩の情報政策 天野真志 著 94−102
幕末政局と秋田藩の選択 加藤民夫 著 103−114
幕末秋田藩海岸警備考 畑中康博 著 115−125
出羽久保田藩佐竹氏と陸奥中村藩相馬氏との重縁関係 下 岩本由輝 著 126−142
陸奥守山藩における在地支配 中村陽平 著 143−149
水戸藩における「諸大夫成」家老について 永井博 著 150−158
真田氏の沼田藩政と酒井忠清 丑木幸男 著 159−167
彦根藩筋奉行の他領「出張」と百姓一揆 東谷智 著 168−179
近世大名の農政展開と社会差別 高野信治 著 180−191
社会変容と訴願・改革・教諭 高野信治 著 192−210
幕末田代代官所領主向方廃止と献金システム 吉田昌彦 著 211−222
熊本藩の文書記録管理システムとその特質 その2 高橋実 著 561−576
近世大名家における「私領」領主家の形成 山下真一 著 223−234
寛政アイヌ蜂起の初期情報 菊池勇夫 著 235−250
朝鮮通信使「漂着」への対応 吉田智史 著 251−257
琉球国発給文書と竹紙 富田正弘 著 258−266
フェートン号事件と長崎警備 梶嶋政司 著 267−278
ロシア国王書翰と通詞 片桐一男 著 553−560
ペリー来航時の江戸湾防衛について 淺川道夫 著 279−295
幕長戦争をめぐる国際問題 三宅紹宣 著 296−302
本両替仲間の動静 小田忠 著 303−312
江戸時代大坂の問屋とその金融機能 中川すがね 著 313−326
天保期、西摂津における米穀流通 岩城卓二 著 327−335
寛政二年の猿橋新規市立て運動と郡内機業 中小路純 著 336−347
貝殻(蛎殻)流通と地域社会 出口宏幸 著 348−358
元禄期、鰤産地氷見町をめぐる魚関係商人と鰤など四十物流通 深井甚三 著 359−367
慶応期の下肥値下げ令と下肥流通 小林風 著 368−382
材木原産地と深川木場材木問屋 赤澤春彦 著 383−391
丹波立杭焼 橘倫子 著 392−402
近世砥部焼磁器碗に関する基礎的研究 石岡ひとみ 著 403−427
琉球王国における瓦窯生産の画期と展開 上原靜 著 543−552
近世琵琶湖における船大工について 鎌谷かおる 著 428−438
東京大学所蔵の近世朝幕関係史料について 村和明 著 439−458
『中朝事実』の欠字と我が国の尊称について 秋山一実 著 459−475
越後文書宝翰集毛利安田氏文書と元禄四年米沢藩文書差出 矢田俊文 著 476−484
『飛驒郡代高山陣屋文書』と『大前久八郎家文書』(下呂市萩原町)の関わり 藤田佳一 著 485−495
カミソリで「下文」に虫食い穴を作った男 遊佐教寛 著 496−511
近世商家の簞笥収納文書 西向宏介 著 532−542
鳥取藩町奉行の文書管理と引き継ぎについて 来見田博基 著 512−517
宝暦末〜明和前期における萩藩の記録編纂事業について 山崎一郎 著 518−530