サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

収録作品一覧

居合道審査員の目

居合道審査員の目

  • 「剣道時代」編集部(編)
作品 著者 ページ
抜きつけ、切りつけが居合の生命 全身全霊を込めて演武しているか 上野貞紀 述 11−21
抜きつけまでの気攻めが重要 敵の動きが浮かび上がる間を取ること 岸本千尋 述 23−32
右手小指と薬指の遣い方が大切 しっかりと柄を握って抜いているか 松峯達男 述 33−44
仮想敵を意識して抜くこと 生命を吹き込んで演武しているか 武田清房 述 45−55
型から生きた形の修得が大切 体の中心軸をぶらさないように抜くこと 山崎正博 述 57−70
足腰を使ったスムーズな動きを体得せよ 敵の動静に即座に対応して抜いているか 小林忠雄 述 71−80
腰・足・手を一体にして抜くこと 演武全体が一連の流れになっているか 安永毅 述 81−93
仮想敵への意識は所作動作に表われる 作法をおろそかにしてはいけない 山崎誉 述 95−105
技前は演武であり演舞ではない 天井を掃くように切り下ろしているか 河口俊彦 述 107−116
独自の呼吸、間合、残心を身につけよ 強靱な個性が光れば、目にとまる 迫野康雄 述 117−126
居合は立っても座っても歩いても居合腰 指の指紋で握れば、切り下ろしが冴える 小倉昇 述 127−137
常に敵の状況を把握して抜くこと 臨場感のある居合が求められる 佐伯孝晴 述 139−149
“二く、三け”ができているか 「守」を忠実に身につけよ 石堂倭文 述 151−161
正しい稽古の積み重ねが表われる 物打ちに体重を乗せて切っているか 渡辺秀雄 述 163−172
抜きつけの妙は鞘離れの一瞬にあり 剣道形の稽古で気当たり、理合を覚えよ 三谷昭雄 述 173−182