サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
宣長手沢本『春秋経伝集解』版本考 高橋俊和 著 9−15
山崎闇斎の「敬」概念 下川玲子 著 17−22
山鹿素行の教育内容論に関する考察 内山宗昭 著 23−28
雨森芳洲著『交隣提醒』(韓国立国史編纂委員会所蔵本)について その2 呉滿 著 29−92
雨森芳洲『橘窓茶話』に見える杜甫・白楽天 丹羽博之 著 93−97
安井息軒をめぐる人々 古賀勝次郎 著 99−108
秋月韋軒の遺文について 中西達治 著 109−113
『保元物語』書写・購求・考証・利用の諸相 原水民樹 著 115−124
契沖の用語をめぐって 井野口孝 著 125−130
宮城春意の学問と著述 1 『六根清浄大祓浅説』の解題と翻刻 高橋美由紀 著 131−141
天地生成を語る『古史伝』の視線 その1 山下久夫 著 143−147
評伝:鈴木朖(朗)の周辺 丹野眞智俊 著 581−584
鈴木朖『論語参解』私注 12 田尻祐一郎 著 149−156
鈴木朖『論語参解』私注 13 田尻祐一郎 著 157−168
水戸学の「国体」論 前田勉 著 169−175
小山田与清の出版 田中康二 著 177−191
仙台の和学者・保田光則の文業 青山英正 著 572−580
『板倉政要抄本』と西鶴受容 大久保順子 著 193−200
口伝秘説の掟 山下琢巳 著 201−206
近世怪談集と中国説話 神明あさ子 著 207−212
安見宗隆『をりはえ物がたり』解題と翻刻 天野聡一 著 213−224
『諸艶大鑑』文体試論 市毛舞子 著 225−237
『西鶴諸国はなし』研究史ノート 1 昭和20年以前の作品評価 宮澤照恵 著 239−245
『好色五人女』文体試論 市毛舞子 著 247−261
「本に其人の面影」考 有働裕 著 263−268
『武道伝来記』の演劇性 岡本隆雄 著 269−279
反・小説の時代 篠原進 著 281−289
『好色美人角力』について 藤川雅恵 著 291−294
江島其磧と荻野八重桐 宮本祐規子 著 295−300
「月の前」論 山本綏子 著 301−308
筆、人を刺す。 天野聡一 著 309−316
八犬伝、毛野の〈智〉と人性観・教育観 井上啓治 著 317−330
犬江親兵衛の初陣 三宅宏幸 著 313−336
『八犬伝』と『竹箆太郎』 的場美帆 著 337−341
未刊初期洒落本『好色残香草』紹介 小林勇 著 343−352
幕末中京文人連の西鶴受容 1 種彦ゆかりの町学者たち 竹野静雄 著 353−369
幕末中京文人連の西鶴受容 竹野静雄 著 371−388
《翻刻》『白痴聞集』 関明子 著 389−394
『かけた謎とけたあわ雪』翻刻と解題 小野恭靖 著 395−400
江戸期昔話絵本 赤羽根有里子 著 401−406
翻刻・飯田市立中央図書館蔵『稲怪録』 後半(第六巻〜第十巻) 杉本好伸 著 429−442
古浄瑠璃の「みやこめぐり」について 中島次郎 著 443−453
「さかな」浄瑠璃と井上播磨掾 小谷成子 著 455−460
近松と『浄瑠璃御前物語』 鎌倉惠子 著 461−470
近世淡路人形座における作品改訂 久堀裕朗 著 471−478
「卅三間堂棟由来」(「祇園女御九重錦」)の構想と文政期以後の上演 内山美樹子 著 479−488
初代中村富十郎、二代目嵐三五郎が演じた夕霧劇 林久美子 著 489−497
大坂の歌舞伎興行ノート 1 享保〜安永・道頓堀芝居を中心に 須山章信 著 499−508
椿亭文庫蔵『隅田川恋の壱軸』 河合眞澄 著 509−514
『若木仇名草』考 安田文吉 著 515−522
『香道秘伝書』の翻刻と校異 4 堀口悟 著 523−535
近世芸能における鈴木三郎異伝の展開 小林健二 著 537−544
和刻本『金鰲新話』の諸本 邊恩田 著 545−552
翻刻・飯田市立中央図書館蔵『稲怪録』 前半(第一巻〜第五巻) 杉本好伸 著 407−427
『草双紙年代記』考 松原哲子 著 553−563
『歌舞伎評判記集成』第二期の制作過程をめぐって 原道生 著 565−571