サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
日本音楽史研究の現在と王朝文学 福島和夫 著 10−31
一条朝から白河朝に至るまでの楽制と王朝文学 荻美津夫 著 32−56
王朝社会における王卿貴族の楽統 豊永聡美 著 57−88
奈良・平安時代の仏教儀礼と音楽・舞楽 澤田篤子 著 89−115
『教訓抄』に見る王朝の雅楽 磯水絵 著 116−149
古代東アジアにおける楽制・楽書と源氏物語 林嵐 著 150−175
漢詩・和歌の披講における音楽性 青柳隆志 著 178−193
歌謡と王朝物語との連関 飯島一彦 著 194−215
平安文学と風俗圏歌謡 小野恭靖 著 216−233
音曲としての今様 小島裕子 著 234−259
胡旋舞の寓意と表象 荒木浩 著 262−289
王朝文学・歴史資料における琴演奏描写の変遷 原豊二 著 290−315
結集と予祝の男踏歌 浅尾広良 著 316−354
ものの音の世界 石田百合子 著 355−376
後期物語と雅楽 植田恭代 著 377−395
説話、歴史物語の中の音楽、舞楽 廣田收 著 396−417
女房日記の音楽・舞楽 小森潔 著 418−435
江戸音曲における王朝文学受容 久保田敏子 著 436−456
王権の音、そのはるかなる響き 松島仁 著 457−481
江戸儒者の『源氏物語』注釈学と琴学史 上原作和 著 484−505
源氏物語の音楽・舞楽と准拠 秋澤亙 著 506−529
源氏物語の文体と音楽 中川正美 著 530−553
明石一族における箏の琴の相承 森野正弘 著 554−578
琵琶弾く貴人の帰還 堀淳一 著 579−602