サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

刑事司法の大転換

刑事司法の大転換 (法社会学)

  • 日本法社会学会(編)
作品 著者 ページ
刑事司法の大転換 河合幹雄 著 1−5
Policymaking by the Japanese Judiciary in the Criminal Justice Field Daniel H.Foote 著 6−45
新聞からみた司法と国民の関係,そしてその変容 安岡崇志 著 46−47
刑事司法の主体を問う−裁判所・検察と市民参加− 伊東研祐 著 48−60
「刑事司法の主体を問う−裁判所・検察と市民参加−」に参加して 龍岡資晃 著 61−69
人々の裁判員裁判と刑事司法への態度 松村良之 著 70−87
裁判員裁判の実証的研究 太田勝造 著 88−116
人々の裁判員裁判への態度 木下麻奈子 著 117−134
レジスターから見た裁判官と裁判員の思考体系の差異 堀田秀吾 著 135−147
裁判員裁判の健全な定着化のために 白取祐司 著 148−152
検察審査会法制定の経緯 出口雄一 著 153−166
民主的司法のディレンマと裁判員制度の意義 柳瀬昇 著 167−182
日本社会にとっての裁判員制度 藤田政博 著 183−192
裁判員制度創設過程に対する疑義 坂井一郎 著 193−200
DV被害者支援における自治体間格差 手嶋昭子 著 201−223
過去の不正義に対する法的救済の意義と限界 土田久美子 著 224−249
日本における警察官職業文化 吉田如子 著 250−283
法社会学研究とデータ・アーカイブ 佐藤岩夫 著 284−299
Daniel H.Foote,ed.,Law in Japan:A Turning Point Kay‐Wah Chan 著 300−305
原田杏子著『専門職としての相談援助活動』 仁木恒夫 著 306−312