サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

収録作品一覧

子不語 4(東洋文庫)

子不語 4 (東洋文庫)

  • 袁 枚(著)/ 手代木 公助(訳)
作品 著者 ページ
盂蘭盆会   19−22
魚怪の報復   22−23
大鼠   23−24
放生   25−27
道学   27−30
巴図魯   30−31
衆兜銭   31
瞼の父   31−32
ぬか喜び   32−33
未婚女の貞操   34
居延城下の棺   35−36
井中の声   36−37
元神   37−38
烈女の祟り   38−41
廃寺の無頭鬼   41−44
玄衣真人   44−46
百二十年に一度の東風   46−48
大鱓   48−50
死んだ妻が夫を救う   50−51
明倫堂の太鼓   51−52
飲水の法   53−56
禿頭上の童子   56−57
意地悪い下女   58−59
閻羅王を兼ねる郎中   59−64
開けろ!   64−65
瘋狂の僧   65−67
髑髏   69−70
愛妾の仇   70−71
八十翁と婢女   72−73
淫乱の妖怪   73−75
女に言い寄る神   75−76
神缸の祟り   77−78
芝居好きの女霊   79−81
新婦回生   81−83
ヤモリ   83−84
図思阿   84−86
わが家の些事   86−92
人を殺して病を治す   92−95
馬将軍家の墓   95−98
曹家の厨師   98−99
訃報   99−100
鬼が見える男   101−104
龍母廟の霊験   104−105
琉璃廠の春画   106−109
悪因の子   109−112
師走二僧   112−114
丹薬   114−116
鶏姦者   117−118
河神   118−119
雪妹   119−120
司路神   120−122
児戯   122
逆転   123−125
冥府の帳簿   125−128
名医の子   128−130
葬られぬ屍   130−132
冥府の都合   132−134
正夢   135−136
ヘボ道士   136−137
妖怪の妹   137−140
老僧の予言   140−141
妖怪にからかわれた道士   142−144
屍泥棒   144−145
地獄の沙汰も金次第   145−148
五通神の情け   148
狐の試問   148−150
赤いスカート   150−151
北斗女神   152−155
ビンタ一発で十二年   155−156
二兎を追う者   156−157
老鋪の銘菓   157−159
白衣の男   159−161
物まねをする老人   161
巨怪獣   162−163
海底からの脱出   163−165
海坊主   165−166
怪蛇退治   166−168
巨蚌の口中の夜叉   168−169
人の脳を食らう妖怪   169−170
屍と結婚した男   170−172
改葬を依頼する女鬼   172−175
苗族の妻になった老婆   175−177
野廟に婿入りした男   177−178
鬼に狙われた娘   178−180
お蔭様   180−182
貨船、洞庭湖に漂う   182−183
黒い纜の怪   183−184
うなされる孫   184−188
廟の取り潰し   188−189
大雨   190−192
大蝎   192−193
蛇王の捕獲法   193−195
五年後の死   195−199
姓は符   199−200
何先生と蔣女   200−202
人血饅頭   202−203
周兄弟   205−206
さっさと帰ろう   206−209
夫婦仲   209−210
琵琶を弾く美女   210−212
隣家の嫁に泣きつく餓鬼   212−214
思い込み   214−217
頭上の蛙   217−219
白玉の化物   219−220
二人の六郎   220−222
聚窟山   222−224
袁枚、家人の拝仏を禁ず   224−226
秘めた思い   226−229
舐める   229−231
泥だらけ   231−233
孔子以前の墓   233−234
史可法、乩壇に降りる   234−236
特進   237−239
十七年の期限   239−241
竃の神   242−244
二十年後、狐と再会   245−247
人肌の城門   247
  247−248
旦那の鳴き声   249−250
藍翎侍衛   250−252
死者の警告   252−255
山洞の怪   255−256
金剛神、冥府を騒がす   256−258
妻の報復   259−261
樹の爪   261
狐の予告   262−264
乩壇に現れた妖怪   264−267
鬼の投げ縄   267−268
日本の医書   268−269
杜甫も読まない受験生   270−272
蜂穴の中の女   273−274
関神下降す   274−276
きれい好き   277−279
報冤の手引き   280−284
兄弟愛   285−288
天然の絵   288−289
ウソ発見器   289−290
験を現さぬ神   290−291
探花の看病   291−292
牛を食う鼠   293
判決   293−296
来るのはまだ早い   296−299
鬼のデモ   299−301
先祖の功徳   302−304
土地神への檄   304−307
豚、殺人犯を逮捕   307−308
分け前   308−310
南に行けば北に出る   310−312
動く塑像   312−314
博徒と破戒僧   314−317
城隍神の委嘱   318−320
三生を映す泉   320
至楽の境地   320−322
菩薩図   322−323
立派なお役人は怖い   324−326
首鼠両端   326−327
三友の会合   327−331
猿洞での生活百三十年   331−334
狂女   334−336
周将軍の墓   337−338