サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

収録作品一覧

証言・児童演劇 子どもと走ったおとなたちの歴史

証言・児童演劇 子どもと走ったおとなたちの歴史

  • 日本児童・青少年演劇劇団協同組合(編)
作品 著者 ページ
受け継がれていくバトン 松本則子 著 8−9
児童・青少年演劇の歴史 第1部 戦前〜1960年代 大野幸則 著 10−17
戦中戦後の混乱期と日本児童演劇 小川信夫 著 20−27
「森は生きている」と共に歩んで 伊藤巴子 著 28−35
「児演協」の成り立ち 荒木昭夫 著 36−40
児童演劇地方巡回公演 石坂慎二 著 41−46
プークと子どものための人形劇 長谷川正明 著 47−54
学校公演とテレビ 須田輪太郎 著 55−61
五十周年 多田徹 著 62−69
創造現場からみた風の子の50年   70−82
連続人形劇ひょっこりひょうたん島 武井博 著 83−88
人形劇団クラルテと学校公演 宮坂暉男 述 89−96
自分史としての児童・青少年演劇 谷ひろし 述 97−109
児童・青少年演劇の歴史 第2部 1970年代〜80年代 大野幸則 著 110−122
私の「子ども劇場・おやこ劇場」ものがたり 松本久 著 124−133
「合意書」の歴史的考察 曽根喜一 著 134−138
少数者の意見 熊井宏之 著 139−143
鑑賞運動における両義性 しかたしん 著 144−150
児演協と子どもおやこ劇場運動 曽根喜一 著 151−155
劇場運動と「合意書」のこれからを考える 後藤武弥 著 156−161
児童演劇、公共とともに 荒木昭夫 著 162−166
つまずきからの劇づくり 荒木昭夫 著 167−174
わたしたちの記録 栗原雄二 著 175−179
児童・青少年演劇の歴史 第3部 1990年代〜 大野幸則 著 180−192
人形劇フェスティバル 宇野小四郎 著 194−199
’85夏佐渡 荒木昭夫 著 200−206
関西の子ども演劇祭の流れ 松本則子 著 207−211
鹿児島県子ども芸術祭典の意義 林陽一 著 212−219
すわらじ劇園の生いたち 木村進次 著 222−229
らくりん座、地方劇団の道のり 浅野昤子 著 230−237
劇団たんぽぽ創設時の逸話 上保正道 著 238−245
東京から地方へ飛んでいった劇団風の子 細沼淑子 著 246−251
マスクプレイそして劇団飛行船のこと 田中久弘 著 252−257
木俣貞雄・私的演劇史 木俣貞雄 著 258−265
児童演劇分野における自分史 ふじたあさや 著 266−273
私と児童青少年演劇 香川良成 著 274−281
影絵人形劇の歴史 山形文雄 著 282−289
劇団かかし座の57年 後藤圭 著 290−298
地方放送劇団と小豆島祭典 八木亮三 述 299−306
こどもの芝居について 入江洋佑 著 307−311
プーク人形劇場 三上つとむ 述 312−319
パントマイムとクラウン あらい汎 著 320−327
アシテジ世界へ!アシテジ日本センターの出発   330−341
児童・青少年演劇による国際交流の意義と方向性 小林由利子 著 342−347
劇団えるむの国際交流 佐藤嘉一 著 348−353
キジムナーフェスタから見えるもの 下山久 著 354−361
プロデューサーの役割と可能性 山崎靖明 著 362−371
児童演劇の現状と未来を話し合う会 石坂慎二 著 372−377
客席の後方から 山崎和男 述 378−385
劇団は語る・劇団は悩む・劇団は闘う 山本美智子 述 386−399