サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

収録作品一覧

作品 著者 ページ
男と女の物語 その1 暗い都の夜の底で   25−33
男と女の物語 その2 遠い筑紫の野の果てに   34−39
流転   40−44
人殺す宿の女   45−52
死ぬ枕   53−55
落蹲の男とその娘   56−61
釈種の后   62−68
髪美しい少女と無言太子   69−72
大臣の子   73−77
梅花愛執   78−80
中有の風雅   81−84
死んだ子   85−87
夜の笛   88−91
灯影の女   92−95
京の女 その1 近江の死   103−109
京の女 その2 美濃の死   110−112
六宮の姫君   113−120
羅城門上の死   121−122
狐妻 その1 扇の女   123−126
狐妻 その2 狐の家   127−132
高野川の女の子   133−140
強力僧都   141−146
百鬼の夜   147−151
地神に追われて   152−156
命の墓穴   157−161
危難の犬山   162−164
墓穴に入らずんば   165−167
三人胆っ玉   168−171
待っていた妻 その1 嘆きと呪い   172−174
待っていた妻 その2 嘆きと悲しみ   175−178
霍大将軍の死   179−180
父子の武者の物語 その1 頼信と頼義   189−192
父子の武者の物語 その2 兼忠と維茂   193−198
合戦の日 その1 宛・良文合戦   199−202
合戦の日 その2 余五・沢胯合戦   203−214
盗を放つ   215−218
武威と器量   219−222
牛車の武者   223−226
月影の勇者   227−229
とりかえばや   230−232
盗人分別   233−235
鬼門の刺客   236−238
夢寐のみそかごと   239−241
指貫の括り   242−245
検非違使の袴   246−248
貴種盗犯   249−251
荒三位の犯罪   252−255
生肝を取る   256−260
鬼の玄象   271−273
九条堀河の女   274−279
舎脂夫人の罪   280−281
阿修羅合戦   282
一角堕仙   283−288
おばすて   289−291
王女の白い手   292−294
龍と天狗 蛇・鳶合戦   295−297
水かけ人形   298−299
天狗往生   300−302
蓮華往生   303−310
鹿瀬峠の一夜   311−312
長増遁世   313−318
陽勝飛天   319−323
樹上樹下   324−325
樹下の一夜   326−329
年は八歳名は自害   330−333
登照占相   334−337
変成鬼譚 その1 鬼ひとくち   338−341
変成鬼譚 その2 老い果て   342−344
木津川原の冬の風   355
片岡山の飢人   356−357
布施長者   358−361
仏の玉を盗む   362−364
千の指   365−366
和羅多の出家   367−371
人は狂と言うが   372−376
しるしの花鬘   377−378
助ける狐   379−382
宴松原の殺人   383−384
平茸国司   385−390
傀儡子目代   391−394
条虫国司   395−397
芋粥五位   398−409
利仁将軍の死   410−412
初午の日の女   421−426
逃げた女に未練は…あるが   427−431
佐太がほころび縫う由もなし   432−436
蝦蟆の追捕使藤原馬鹿足   437−439
鼻内供   440−443
助泥の破子   444−446
世辞と矜恃と名誉   447−449
井戸端の決闘   450
袴垂の敗北   451−453
法輪の帰り道   461−472
寛蓮惨敗碁譜   473−478
連歌観音   479−486
夫の香   487−490
花と老残   491−498
藁しべ長者本伝   499−506
隠形の夜   507−511
報恩髑髏   512−513
獄中誦経   514−516
菩提講の聖人   517−519
染殿【ニョウ】乱   520−524
天狗聖人   525−530
龍樹隠形   531−532
守るも攻めるも その1 苦い杯からい肴   541−547
守るも攻めるも その2 猫の手を借りた話   548−554
摩訶般若怨賊退散秘密私法   555−557
空き屋敷の盗賊   558−561
知らぬが放免   562−566
現報殺人   567−570
書生の死   571−574
裸の史   575−577
公達盗賊   578−579
逢坂山の死   580−582
鐘を盗む   583−588
盗人国王   589−595
盗人大臣   596−600
蕪の子   601−605
邪視愛欲   606−608
鬼神の詠め   617−619
霊のおとろえ   620−623
招く手   624−625
河原院の吸血鬼   626−627
堂のなかの死人   628−629
古堂の魔   630−633
民部卿の鷹   634−635
蜂飼い商人   636−638
盗賊奇聞   639−645
生霊の女   646−649
子埋み   657−678
申生自死   679−681
阿竭陀参上   682−685
微妙歴程   686−690
太子の眼   691−694
鳴鳥   695−698
魂帰る身   699−701
地獄の沙汰 1   702−707
舎人の歌   708−710
霊の借りた牛   711−713
地獄の沙汰 2   714−716
荒巻騒動   717−723
かなしいくちづけ   724−725
たわぶれの死   726−727
月大将を犯さず   728−730
小寺の小僧   731−732
末寺の沙汰   733−736
能登の海の物語 1その1 海の石帯   747−752
能登の海の物語 1その2 海の犀角   753−754
能登の海の物語 1その3 帯と王権   755−756
龍の珠   757−758
能登の海の物語 2その1 神を助けた七人   759−766
能登の海の物語 2その2 佐渡人の漂着   767−769
能登の海の物語 2その3 鬼の寝屋島・猫の島のこと   770
能登の海の物語 2その4 隠れ里   771−772
僧迦羅建国縁起   773−779
印南の山の法師宿   780−786
異界変身   787−794
外術法師   795−798
笑わせ算   799−804
謀り瓜   805−807
晴明を試みる   808−812
身代わりの僧   813−815
法験の争い   816−819
物忌の殺人   820−822
安吉橋の鬼   823−829
橋の女   830−833
外術滝口   834−840
渡の産女   841−844
走屍   845−847
萱草・紫苑   848−850