サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

薬学 ランキング

薬学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

収録作品一覧

創薬科学の魅力 東京大学大学院薬学系研究科からの発信

創薬科学の魅力 東京大学大学院薬学系研究科からの発信

  • 杉山 雄一(編集)/ 柴崎 正勝(編集)/ 長野 哲雄(編集)/ 松木 則夫(編集)
作品 著者 ページ
創薬,医薬品開発の過程 杉山雄一 著 3−14
分子標的の探索:ヒト完全長cDNAからの展開 磯貝隆夫 著 15−32
大学における創薬研究 長野哲雄 著 33−45
大学における創薬研究 長野哲雄 著 47−67
触媒的不斉反応の開発と医薬合成への展開 柴崎正勝 著 71−83
天然物の全合成と新反応の開発 横島聡 著 85−104
天然有機分子を基盤とした新機能創造に向けて 井上将行 著 105−117
天然薬物の生合成工学 阿部郁朗 著 119−134
植物組織培養技術を利用した有用代謝産物の生産システム 折原裕 著 135−143
構造特性を利用した生物活性物質の理論的な構造設計と機能予測 大和田智彦 著 145−154
構造活性相関と化学構造至適化の実際 山西嘉晴 著 155−163
X線結晶構造解析による生体高分子の三次元構造 佐藤能雅 著 167−195
核磁気共鳴法による創薬研究 嶋田一夫 著 197−207
1分子蛍光イメージングによる生体分子の機能解析 船津高志 著 209−222
微量生体分子の高感度分析 三田智文 著 223−230
生体膜脂質の生物学 新井洋由 ほか著 233−246
糖鎖生命科学を通して免疫と病態を捉え直す 入村達郎 ほか著 247−262
カイコの新たな実験動物としての利用 関水和久 ほか著 263−274
中枢神経作用薬の開発を目指して:ミクロの解像度でマクロに脳機能を解析する 松木則夫 著 275−285
アルツハイマー病の分子病態と創薬 岩坪威 著 287−301
Gタンパク質シグナル伝達系と創薬標的 堅田利明 著 303−316
ストレス応答シグナルと創薬 武田弘資 著 317−330
分子遺伝学による創薬ターゲットの探索 三浦正幸 著 331−346
タンパク質分解装置プロテアソームの作動機構と創薬 村田茂穂 著 347−361
リード至適化過程における薬物動態特性予測の重要性 楠原洋之 著 365−383
リード至適化過程における代謝的活性化および毒性の予測 池田敏彦 著 385−397
代謝酵素,トランスポーターによる薬物間相互作用,個人間変動が薬効,副作用に与える影響の解析 樋坂章博 著 399−419
薬物動態・薬力学理論に基づく処方設計:考え方とシステム開発 澤田康文 著 421−430
臨床試験の進め方:概論および最近の方法論 荒川義弘 著 433−439
新薬開発・承認審査とレギュラトリーサイエンス 小野俊介 著 441−447
医薬経済学:基礎と応用 津谷喜一郎 著 449−456
医薬品産業の特徴と将来展望 桝田祥子 著 457−464