サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

収録作品一覧

聴耳草紙(ちくま学芸文庫)

聴耳草紙 (ちくま学芸文庫)

  • 佐々木 喜善(著)
作品 著者 ページ
聴耳草紙   21−24
観音の申子   24−29
田螺長者   29−37
蕪焼笹四郎   37−40
尾張中納言   40−41
一目千両   41−43
炭焼長者   43−45
山神の相談   46
黄金の臼   47−50
尽きぬ銭緡   50−54
天人子   54−57
兄弟淵   57−58
上下の河童   58−59
淵の主と山伏   59−60
黄金の牛   60−62
瓢簞の話   62−70
打出の小槌   70−72
蜂聟   72−74
蜂のおかげ   74−77
親譲りの皮袋   77−79
黄金の鉈   79−81
黄金の壺   81−82
樵夫の殿様   82−84
窟の女   84−87
三人の大力男   87−92
夢見息子   92−97
鬼婆と小僧   97−99
姉のはからい   99−103
鬼の豆   103−105
山男と牛方   105−107
臼掘りと舟掘り   107
箕の輪曲げ   108−109
カンジキツクリ   109
大工と鬼六   110−111
癩病   112−113
油採り   113−116
よい夢   116−118
嬰児子太郎   118−121
馬喰八十八   121−131
鳩提灯   132−133
悪い寡婦   133−134
夜稼ぐ聟   134−135
偽八卦   135−138
御箆大明神   138−144
南部の生倦と秋田のブンバイ   144−146
島の坊   146−149
旗屋の鵺   149−154
トンゾウ   154−156
呼び声   156−157
糸績み女   157−158
荒滝の話   158−160
扇の歌   160−163
蛇の嫁子   163−169
蛇の聟   169−174
蛇息子   174−175
母の眼玉   175−179
搗かずの臼   179−180
お仙ケ淵   180−181
蛇ノ島弁天   182
お菊の水   183−184
雪姫   184−187
蛇女退治   187−191
蛇の剣   191−192
野槌   193−194
蛇と茅と蕨   194
上の爺と下の爺   195−199
瘤取り爺々   199−205
鼠の相撲   205−207
豆子噺   207−218
地蔵譚   218−225
猿と爺地蔵   225−228
猿になった長者   229
猿の聟   230−237
猿の餅搗き   237−239
ココウ次郎   239−240
蛙と馬喰   240−241
蛙と田螺   242−243
田螺と野老   243−244
田螺と狐   244−246
獺と狐   246−252
若水   252−253
狐の報恩   253−257
狐と獅子   257−259
盲坊と狐   259−261
狐の話   262−280
兎の仇討   280−285
兎と熊   285−290
貉の話   290−292
狸の話   293−296
爺と婆の振舞   296
狼と泣児   296−297
狼石   297−300
古屋の漏   301−306
虎猫と和尚   306−309
猫の嫁子   309−311
怪猫の話   311−318
鮭の翁   319
鮭の大助   320−321
鮭魚のとおてむ   321−324
鱈男   324
鰻男   325−326
鰻の旅僧   326−328
魚の女房   328−331
瓜子姫子   331−346
糞が綾錦   346−347
女房の首   348−350
赤子の手   350−351
オイセとチョウセイ   351−354
墓娘   354−355
生返った男   356−357
お月お星譚   357−364
雌鶏になった女   364−365
雉子娘   365−367
鳥の譚   368−381
オシラ神   381−382
髪長海女   382−384
母也明神   384−386
長須太マンコ   386−389
オベン女   390
泥棒神   390−392
天狗   392−393
端午と七夕   393−394
二度咲く野菊   394−397
厩尻の人柱   397−398
駒形神の由来   398−399
ワセトチの話   399−400
土喰婆   401
赤子石   401−402
変り米の話   402−403
酸漿   403−404
あさみずの里   404−405
隠れ里   406−411
神様と二人の爺々   411−412
神と小便   413
老人棄場   414−415
人間と蛇と狐   415−417
竜神の伝授   417−418
貉堂   419−420
座頭ノ坊になった男   421−422
座頭ノ坊が貉の宿かり   422−423
座頭の夜語   423−425
坊様と摺臼   425−426
雷神の手伝   427−428
物知らず親子と盗人   428−429
五徳と犬の脚   430−431
大岡裁判譚   431−433
雁々弥三郎   433−434
新八と五平   434
生命の洗濯   435
鰐鮫と医者坊主   436−437
蒟蒻と豆腐   437−438
傘の絵   438−439
富士山の歌   440−441
目腐白雲虱たかり   441−442
姉妹の病気   442−443
鼻と寄せ太鼓   444−445
雁の田楽   445−446
胡桃餅と幽霊   446−447
カバネヤミ   447−448
テンポ   448−449
上方言葉   449−450
長頭廻し   451
長い名前   452−453
桶屋の泣輪   454
いたずら   454−455
話買い   455−460
額の柿の木   461−462
柿男   462
柳の美男   463
履物の化物   464
和尚と小僧譚   465−473
馬鹿聟噺   473−497
馬鹿嫁噺   497−498
馬鹿息子噺   498−501
尻かき歌   502
嫁に行きたい話   502−503
啞がよくなった話   503−504
屁ッぴり爺々   504−505
爺婆と黄粉   506−510
屁ッぴり番人   511−513
屁ッぴり嫁   513−515
眠たい話   516−518
きりなし話   518−521