サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

東洋文庫 ランキング

東洋文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

収録作品一覧

子不語 5(東洋文庫)

子不語 5 (東洋文庫)

  • 袁 枚(著)/ 手代木 公助(訳)
作品 著者 ページ
二人の道人   19−24
錬金の草   24−26
淫乱パーティ   26−28
玄帝廟の碑   28−29
轎を担ぐ公子   29−30
夢のお告げ   30−32
空を【フ】む話   32−33
尸臭   34−35
虎耳を執る   36−37
主人と言い争う奴僕   37−39
梁守備が捕らえた美女   39−44
前代の老物   44−45
受験の話五題   45−50
周爺さんの新婦   50−54
人も虎に似る   54−56
フクベの成長   56−57
試験のヤマ   57−59
無心の賦   59−61
ペテン師   61−64
ペテンへの仕返し   64−66
巨魚化して美女となる   66−68
敦く睦む   68
役人根性   69−70
崇仏   70−71
シャムの奇俗   71−72
倭人の医者   72
ライオン西方より来る   73−74
天上に行った男   74−77
石婦と石男   78
  79
黎族の習俗 1   79−81
黎族の習俗 2   81
黎族の習俗 3   82
海の不思議   83
喝呼草と【カイ】子竹   83−84
【ゼン】蛇の胆   84−85
罔にかかった虎   85
人選の誤り   85−87
元の鞘   87−88
千里の客   88−89
両朝の人物   89−91
墓誌   91−93
夫が苦しむお産   94−95
城隍の就任挨拶   95−96
北海探検   97−99
世尊の媒酌   99−101
馬の相   101−103
試験場の怪   103−105
石壁上の文字   105−107
食いかけの棗   109−111
紙銭で買った赤ん坊   111−116
朱点のついた饅頭   116−117
隔世の報復   117−120
廟神の異動   121−122
緑毛の鵝   122−123
直諫の士   124−125
滑伯の墓   125−126
盤古皇帝の足跡   126
インドネシアからの朝貢   127
占城国の習俗   127−128
自首   128−129
大学士の屍   129−130
韋駄天の庇護   130−131
金持ち喧嘩せず   132−133
河の上の芝居   134−136
蛇の毒   136−137
魚池   138
寿命を借りる   139−140
小亀の上に大亀   140
だんごの食あたり   141−144
古帖に倣え   145−147
鬼火   147−148
法術   148−149
盗人からまいないされた神   149−151
赤裸の巨人   151−152
漆黒の怪人   152−153
三清院   153−154
本音を聞く方法   154−157
神になった太守   157−159
はだしの周倉将軍   159−160
張飛の警告   160−161
神佑を得た奴僕の密会   161−162
関帝になったならず者   162−167
扶乩の判読   167−168
鬼にストークされた男   168−175
小人と大釘   176−177
老呉三の死   177−180
仏縁   180−182
禽糞   182−184
あの世の妻に会う話   185−191
小狐のセクハラ   191−192
冰雹、化して金となる   193−194
王員外の故居   194−195
盤根錯節   195
神を監禁する   196
両巨石   196−197
無頭の石人群   197
老妾に殉じた十三匹の猫   198
僵尸の息   198−199
蛙と蟻の見世物   200−202
カラクリ   202
銅人の芝居   203
淫祠   204−206
女になりすました男   207−210
試験場奇聞   210−212
新城隍の着任   212−213
東風   213−215
尿まみれ   215−216
富貴と功名   216
通行証がほしい   217−218
ライバル   219−226
復位   226−228
樹神   228−230
蔣秀才の冒険   230−235
  235−238
言いわけ   238−239
帽子とシャツと靴と   239−241
親王府の煉瓦   241−243
鬼女の焼き餅二題   244−247
反乱の後   247
胡桃   247−248
管と弦と   248
地獄の沙汰も金次第   249−251
鬼に反抗した泥棒   251−253
放置された棺   253−256
不孝者   256−258
脱帽   258−259
帰還   259−261
貪欲の報い   261−262
夜泣きの矯正   262−264
霍筠と宜春   264−269
麒麟を生む   269−270
夜叉を生む   270
名医   270−271
祟りには祭   272−274
鬼の頼み事   274−276
壜にはまった腕   276−277
夜半の繁華街で   277−279
李後主の妃   279−280
気掛かり   280−281
信女   282−283
狐の口づけ   283
転世   283−286
中るもあり中らぬもあり   286−288
首と指   289−291
紙灰   291−293
金銀の気   293−294
雷誅をうけた猫   294−295
神のような裁き   295−297
《十三経》を担う僧   297−299
黒套   299−300
役所の怪   300−302
井戸端で   302−305
前生の負債   306−307
棺の話   307−309
大きな顔   309−310
痞塊   310−311
大魚   312
前世の仇   313−316
曾静事件   317−319
鬼、人をたぶらかす   319−321
無頭鬼の訴え   321−324
武則天と婉児   324−339
牛の助命   339−340
豚の助命   340−341
科場の報復   341−343
銭妙真   343
趺坐三年   344
試験場の倒壊   344−346
餓鬼のたかり   346−348
粤地の禁令   348−349
鬼より怖い   350−351
僵尸   351−352
劫数   352−353
月女   353−355
孝子好官   355−356
質札   357−358
道に迷った女   358−360
海浜の妖怪   360
天が裂ける   360−361
兼葭園   361−362
屍を焼く   362−364
人面   364−365
小美女   365−366