サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

収録作品一覧

ハンセン病文学全集 9 俳句・川柳

ハンセン病文学全集 9 俳句・川柳

  • 大岡 信(編集委員/責任編集)/ 大谷 藤郎(編集委員)/ 加賀 乙彦(編集委員)/ 鶴見 俊輔(編集委員)/ 田口 麦彦(編集委員/責任編集)
作品 著者 ページ
檜の影 第1集 檜の影會 編 3−6
雑林 白石天羽子 編 7−11
青柚子 武井柚史 著 12−13
日時計 立田俳壇 編 14−17
檜の蔭の聖父 九州療養所 編 18−25
蕗の芽句集 蕗の芽句會 編 26−27
草の花句集 草の花会 編 28−34
邱山 患者慰安会 編 34−36
河鹿集 田中豊久 編 37−40
露草 水野竹声 著 41−44
俳句三代集 田尻敢 編 44−59
公孫樹 大田あさし 著 60−61
鵜飼 喜田正秋 著 62−63
春眠 早川兎月 著 63−64
一路集 早川一路 著 64−65
白夢 浅香甲陽 著 65−66
草の花 草の花会 編 66−67
真珠 蕗之芽会 著 68−74
藤田薫水 著 74−75
卯の花 第1集 卯の花会 編 75−76
河鹿集 第2集 田中豊久 編 77−79
東風 邱山会 編 79−82
四十代 辻長風 著 83−84
火山翳 大野林火 編 85−90
火星人 火星俳句会 編 91−92
窓俳句 窓俳句会 編 92−93
年輪 卯の花句会 編 93−96
芽生 俳句会 著 97−103
河鹿集 第3集 渓風俳句会 編 103−105
窓 第2集 窓俳句会 編 105−107
海綿 辻長風 著 107−109
露七彩 青山蓮月 著 109−111
巣立 新生園慰安会 編 111−115
聖痕 邱山俳句会 編 115−117
伊藤朋二郎 著 118−119
光風 光風俳句会 編 119−120
そてつ そてつ俳句会 編 121−123
麦笛 麦笛句会 編 124−127
疎林 石浦洋 著 127−128
松風 俳句の会 編 129−134
埋火 中江灯子 著 134−135
盲導線 平良一洋 著 136−137
河鹿集 第4輯 田中豊久 編 137−138
窓 第5集 鈴木才雄 著 139
草野京二 著 139
窓七句集 山人 著 140
雪割 楽泉園俳句会 編 141−145
火星人 第2集 火星俳句会 編 145−147
蘇鉄の実 愛楽園句会 編 148−150
山本肇句集 山本肇 著 150−152
菊守 桂玲人 著 153−154
島の土 山田静考 著 154−156
海紅豆 量雨江 著 156−157
そてつ 第二輯 そてつ俳句会 編 158
群礁 蕗之芽会 編 159−162
浜蟹の爪 石垣美智 著 163−164
埴輪童子 中村安朗 著 165
一葉 青木恵哉 著 166−168
鷹の里 翁長求 著 168−169
海の石 須並一衛 著 170−171
冬銀河 中江灯子 著 171−172
心開眼 全生園多磨盲人会俳句部 編 172−178
一代畑 高原俳句会 編 178−182
黄鐘 和公梵字 著 182−183
雀人句集 松原雀人 著 184−186
ななかまど 中江灯子 著 186−187
朝日子 原田一身 著 187−189
觸るる 原田美千代 著 190−191
彌撒旦暮 岡村春草 著 191−192
杖國 不動信夫 著 193−194
最終船 山本肇 著 195
天籟 須並一衛 著 195
闘病鬼 渡辺城山 著 196−198
望郷独語 金子晃典 著 198−200
一処不動 蓮井三佐男 著 200−202
喜雨 白井春星子 著 203−204
天涯の座 増葦雄 著 204−206
わがいのちわがうた 玉木愛子 著 207−208
島葛 湧川新一 著 209−210
海の音 山本肇 著 210−211
寒林 桂自然坊 著 211−213
雪間 後藤一朗 著 213−214
父似 上山茂子 著 215−216
花鳥山水譜 高原俳句会 編 216−224
青浄土 白井米子 著 225−226
望郷 児島宗子 著 226−228
ひとつぶの露 中村花芙蓉 著 228−230
蓼の花 吉田香春 著 230−232
片山桃里遺稿集 片山桃里 著 233
遠かもめ 蓮井三佐男 著 234
蕗童子 後藤房枝 著 235−237
鬼やらひ 秩父雄峰 著 237−238
氏原孝 著 239−240
冬さうび 金田靖子 著 241−242
護身 白井春星子 著 242−243
星浄土 杉浦強 編 243−245
晩晴集 金子晃典 著 245−246
村越化石自選八十句 村越化石 著 246−250
浮雲 北柳吟社 編 335−347
ひさご ひさご川柳会 編 347−350
七草 1集 川柳七草会 編 351−352
七草 2集 川柳七草会 編 352−357
こだま 東北新生園 編 358−363
浮雲 第2集 北柳吟社 編 364−371
烏羽玉 浜口志賀夫 著 372−375
断種 大森風来子 編 375−378
番茶 番茶川柳会 編 379−380
生門 岡生門 著 381−383
七草 第4集 川柳七草会 著 383−388
浮雲 第3集 北柳吟社 編 388−396
ふるさとを捨てて 伊藤柳涯子 編 397−413
白い杖 島洋介 著 413−415
きさらぎ 山野辺昇月 著 415−416
熟さない木の実 山本良吉 著 417
東一歩 著 418
雪の匂い 原七星 著 419−420
春の土 茅部ゆきを 著 420−422
青葉香歩遺句抄 青葉香歩 著 422
生門 第2集 岡生門 著 423
虹のかけ橋 島田秋夫 著 424−427
あかね雲 田中京祐 著 428−429
夜の夢昼の夢 山本良吉 著 430−431
浮雲 第4集 北柳吟社 編 431−434
高原 高原川柳会 編 435−440
義眼の達磨 五津正人 著 440−441
偏平足の唄 松岡あきら 著 442−443
父子獨楽 中山秋夫 著 444−446
夫婦道 山下紫春 著 446−450
試歩の道 桜井学 著 450−451
海鳴り 辻村みつ子 著 452−457
冬の月 桜井学 著 457−458
視力ない車椅子 田中美佐夫 著 458−460
生門 続々々 岡生門 著 460−461
日向ぼっこ 園井敬一郎 著 462−463
一代樹の四季 中山秋夫 著 464−465
心眼 高野明子 著 466−468
満ち潮 天地聖一 著 469
めおと独楽 景山晴美 著 470−473