サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

収録作品一覧

飛田多喜雄先生に学ぶ

飛田多喜雄先生に学ぶ

  • 国語教育実践理論研究会飛田多喜雄先生記念論文集編集委員会(編)
作品 著者 ページ
国語教育史上の位置と業績 野地潤家 著 3−14
飛田多喜雄論 安藤修平 著 19−42
「作文・表現指導」研究活動の足跡 巳野欣一 著 43−59
KZRにおける「第一次国語科教材研究」の展開 澤本和子 著 60−70
飛田多喜雄先生の学力論 植西浩一 著 71−77
語句指導・語彙指導を再考する 米田猛 著 78−87
説明的文章ジャンル確立のための実用的文章の史的役割について 長崎秀昭 著 88−101
初期「実践国語」の考察 河合章男 著 102−110
『続・国語教育方法論史』の考察 益地憲一 著 111−121
「子どもの実態」の把握についての一考察 相原貴史 著 122−128
国語科教師論に学ぶ 花田修一 著 129−138
読書指導・総合学習・そして教師としての成長を 増田信一 著 139−145
豊かに想像し、筋道立てて書く能力をはぐくむ指導の一試み 佐田壽子 著 149−158
からだにリズムを刻み言語感覚を育てる学習 阿部藤子 著 159−166
詩の教育についての飛田多喜雄先生のお考え 清水左知子 著 167−170
「これまで」の正確な理解が「これから」を生み出すこと 岡田一伸 著 171−177
国語の力とロゴス・パトス・エトス 貴戸紀彦 著 178−185
「少年の日の思い出」の読みの指導について 川畑惠子 著 186−194
理解教材の学習と結んだ短作文の指導 八尋薫子 著 195−204
郷土にまつわる古典の教材化の試み 井上昌典 著 205−216
『万葉集』の単元開発を支える教材研究 森顕子 著 217−226
今も、色褪せることなく 宇都宮紀雄 著 227−231
「実験的・先導的な」構成の指導方法を求めて 牟田泰明 著 232−239
未来を望み、無限の可能性を持つ学び手に与える教材の価値内容を考える 富永保 著 240−243
「温故知新」を体感する 宮嵜信仁 著 244−248
評論文 引用文から始める理解学習 野田光子 著 249−256
大学における講義 小坂茜 著 257−264
絵画的表現をもとに言語的表現を行うための基礎的視点 宝代地まり子 著 265−273
機能的読解指導論の今日的意義とこれからの読解指導の課題 むさし野会 編 277−299
『国語教育方法論史』『続・国語教育方法論史』に学ぶ 飛火野会 編 300−316
「竹取物語」を用いた古典指導の研究 うずしおの会 編 317−330
飛田多喜雄先生に学ぶこと はまなす会 編 331−337
学習者に確かな国語の力をつけるために こゆるぎ会 編 338−347
私が実践してみたい文学の指導方法 希見の会 編 348−357
「実践国語」の考察 千葉波の会 編 358−367
飛田多喜雄先生略歴と著作目録   371−448
国語教育実践理論の開拓者飛田先生 江部満 著 451−453
飛田多喜雄先生の思い出 北川茂治 著 454−458
うん、そうか、そうか 紀伊萬年 著 459−462