サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
聖徳太子は文武両道の「行動する思想家」だった 中西進 述 11−31
蝦夷のリーダー「アテルイ」はなぜ日本史から抹殺されたか 高橋克彦 述 33−51
『平家物語』は、戦いのむなしさを伝えてかくも美しい 安野光雅 述 53−68
「神を目指した男」織田信長は空前絶後の革命家だった 井沢元彦 述 69−87
権力を極めた人の辞世ほど「この世は虚しい」という 高橋睦郎 述 89−107
徳川家康だって女の前ではだらしなくゴロ寝していたのです 諸田玲子 述 109−123
「古池や」の句は時代に対する俳諧興行師・芭蕉の戦略だった 嵐山光三郎 述 125−142
妖怪が近くへやって来るのは、あなたが「貧乏で寂しいとき」です 荒俣宏 述 143−161
ヒトラーは二〇世紀のベルリンに巨大な阿房宮を建てようとした 井上章一 述 163−181
開戦前夜、米国の暗号解読力は実はこんなにも「お粗末」だった 多賀敏行 述 183−199
戦争中も祈り続けた昭和天皇、彼はいったい誰のことを祈ったのか 原武史 述 201−218
あの「終戦の詔勅」をぼくは土下座して聞きました 鴨下信一 述 219−234
戦後憲法はこうして生まれた。白洲次郎が見た占領下の日本 北康利 述 235−253
チャンバラ映画の魅力は「禁欲の美学」にあり 川本三郎 述 255−271
橋とカッパと人情と 宮部みゆき 述 273−287
戦争と艶笑の昭和史 丸谷才一 述 289−313