サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
リアリズム再考 松岡光治 著 11−21
本当は怖いギャスケル 廣野由美子 著 23−33
北と南 猪熊恵子 著 35−44
『シルヴィアの恋人たち』における視線 齊木愛子 著 45−54
『妻たちと娘たち』の絶対解釈 大野龍浩 著 55−65
ギャスケル、コリンズ、ディケンズの描くオールド・メイドと女同士の絆 田中孝信 著 69−79
「母殺し」のプロットとギャスケル 木村正子 著 81−91
ギャスケル作品における再婚の進化 武井暁子 著 93−102
父と娘の情景 中村美絵 著 103−112
『荒野の家』の二つの家族 直野裕子 著 113−122
父から娘に受け継がれるもの 宇田朋子 著 123−132
『ルース』におけるジェマイマとファーカーの結婚 越川菜穂子 著 133−142
自然が救うギャスケルの男性たち 栂正行 著 143−152
ギャスケルとメリトクラシー 波多野葉子 著 155−165
ギャスケルにとっての超自然現象 中村祥子 著 167−177
変化の記録者としてのギャスケル 矢次綾 著 179−189
『メアリ・バートン』に見るギャスケルの教育観 玉井史絵 著 191−201
理想の女性像 多比羅眞理子 著 203−213
『ルース』におけるギャスケルの職業作家としての責任 金丸千雪 著 217−227
マーガレットの到達点 川上真巳子 著 229−239
『北と南』に見られる女性問題 足立万寿子 著 241−252
「魔女ロイス」における史実とフィクション 木村晶子 著 253−263
ギャスケルのジャンル論 宮丸裕二 著 267−277
ギャスケルが語らなかったもの 芦澤久江 著 279−288
女のペンのポリティクス 市川千恵子 著 289−299
『シャーロット・ブロンテの生涯』の争点を考える 松原典子 著 301−310
批評史における社会問題小説家ギャスケルの誕生 閑田朋子 著 313−322
ユニテリアンであること 関口章子 著 323−333
ギャスケルのゴシック短篇における「身体」について 侘美真理 著 335−345
『北と南』とロマン主義時代の歴史小説 鈴木美津子 著 347−357
旅立ち 松村豊子 著 359−368