サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

言語・語学・辞典 ランキング

言語・語学・辞典のランキングをご紹介します一覧を見る

収録作品一覧

日本と諸外国の言語教育におけるCan‐Do評価 ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)の適用

日本と諸外国の言語教育におけるCan‐Do評価 ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)の適用

  • マリア・ガブリエラ・シュミット(編)/ 長沼 君主(編)/ ファーガス・オドワイヤー(編)/ アレクサンダー・イミック(編)/ 境 一三(編)
作品 著者 ページ
A brief overview of the use of can do statements in language education,the CEFR and ELP Alexander Imig 著 2−8
An overview of the international influences of the CEFR Lynne Parmenter 著 9−17
The range and triangulation of can do statements in Japan 長沼君主 著 19−34
Conflicting purposes in the use of can do statements in language education Anthony Green 著 35−48
日本の言語教育における「ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)」と「能力記述(can do statement)」の影響−応用可能性に関する一考察 真嶋潤子 著 49−65
ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)とProfile deutsch Bernd Jacob 著 66−69
The use of CEFR and can do statements in second foreign language courses in(Western)Japan Rudolf Reinelt 著 70−79
QualiDaF Edeltraud Sormunen ほか著 80−84
Designing English curricula and courses in Japanese higher education 永井典子 著 86−104
Kannbeschreibungen im Deutschunterricht an japanischen Universitäten? Anja Hopf 著 105−110
Using German can do statements as model for other languages like Russian and Chinese Margit Krause‐Ono 著 111−125
日本の大学のドイツ語教育に「ヨーロッパ言語共通参照枠」を生かす試み−教科書の作成・実施・評価 藤原三枝子 著 126−137
The implementation of a Japanese version of the“European Language Portfolio−Junior version−”in Keio 堀口佐知子 ほか著 138−154
The European Language Portfolio and self‐assessment David Little 著 157−166
Considering the use of can do statements to develop learners’self‐regulative and metacognitive strategies Paul Collett 著 167−183
Using can do statements to promote reflective learning 佐藤陽子 著 184−199
What you can do with can do statements Antonio Smith 著 200−217
Can do statements at the centre of involving learners in the self‐assesment,goal‐setting and reflection learning cycle Fergus O’Dwyer 著 218−234
Ausgehend von A0 Alexander Imig 著 235−249
Implementation of a can do based syllabus in an eikaiwa Joshua M.Sargent 著 250−265
Using“can do”lists in a class with elementary school teacher trainees Ellen Head 著 266−280
Kannbeschreibungen zur Strukturierung eines frei gestalteten Unterrichts auf der Niveauebene B1 Maria Gabriela Schmidt 著 281−298