サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

収録作品一覧

西鶴研究資料集成 復刻 昭和8年・9年

西鶴研究資料集成 復刻 昭和8年・9年

  • 竹野 静雄(監修・解題)
作品 著者 ページ
鶏助録 高木蒼梧 著 3−4
井原西鶴 山崎麓 著 5−38
『戯曲小説近世作家大観』第一巻 鈴木行三 編著 39−196
西鶴の武家物について 紀平規 著 198−204
幸田露伴氏に物を訊く座談会 菊池寛 ほか述 205−207
硯友社の文学運動 福田清人 著 209−217
秋成と西鶴 重友毅 著 219−224
「好色一代男」解釈難 神谷鶴伴 著 225−228
〈新刊紹介〉西鶴織留新註 松浦一六氏著 潁原退蔵 著 229−230
甘露堂文庫稀覯本攷覧 尾崎久弥 著 231−251
浮世草子 宇佐美喜三八 著 252−264
〈新刊紹介〉松浦一六君著「西鶴織留新註」 佐藤鶴吉 著 265−266
近世文芸名著標本集 石割松太郎 解説 267−367
『暦』の因み 山田清作 著 368
談林俳諧法式の一資料 塩見卓郎 著 369−383
古小説の話 塚本楢良 著 385−389
俳諧史の研究 潁原退蔵 著 391−464
「俳諧史の研究」を読む 藤井紫影 著 465−467
西鶴の墓に就いて 木崎好尚 著 468−469
西鶴雑記 野間光辰 著 470−479
西鶴と伏見の里 石川広 著 480−484
近世国文学考説 重友毅 著 486−531
西鶴と「諸国咄」 前島春三 著 533−538
西鶴二百四十年忌 南木芳太郎 著 539−541
浪華名家墓所記の西鶴の歿年 渡辺虹衣 著 542−543
西鶴の珍本 山田清作 著 544
硯友社派文学の展開(抄) 北沢喜代治 著 546−550
一代男成立の一要素 暉峻康隆 著 552−558
西鶴織留未定稿考 小田喜禎 著 558−563
浮世草紙の改題本其他に就て 山村太郎 著 564−568
西鶴瑣言 旭寿雄 著 568−572
看書随録 2 百人一句と高名集 木村捨三 著 573−574
江戸文学研究 藤村作 著 575−577
芭蕉・近松・西鶴の共通点 鼓常良 著 579−590
江戸文学研究 潁原退蔵 著 591−592
西鶴特輯〈第一〉について 山田清作 著 593
『西鶴彼岸桜』の改題本の発見 石割松太郎 著 594−597
西鶴断想 近藤忠義 著 599−602
西鶴の五人女に見える甕棺埋葬の記事 関丈夫 著 603
西鶴本及関係書目文献 山田朝一 著 604−634
新註西鶴町人物集成 鈴木敏也 著 637−663
小説史 山崎麓 著 664−687
古書の話 石割松太郎 著 688−689
元禄六年八月十日 藤村作 著 690−691
西鶴について 正宗白鳥 著 693−698
西鶴町人物雑感 武田麟太郎 著 699−707
浮世絵と浮世草子 潁原退蔵 著 708−717
「好色一代男」と歌謡圏 志田義秀 著 719−727
西鶴の描いた夕霧 山村太郎 著 729−731
町人文学(抄) 藤村作 著 733−745
劇の史科としての『男色大鑑』 伊原青々園 著 746−752
一歩小判 佐藤鶴吉 著 753−755
西鶴物研究二十年 藤村作 著 757−759
一代男に就いて 難波平二郎 著 761−770
西鶴のレアリズムに就いて 橘経雄 著 771−795
小説家西鶴の俳諧的手法 暉峻康隆 著 797−822
西鶴の研究に就いて 藤村作 著 823−825
好色盛衰記考 笠井清 著 826−832
河豚と西鶴 田中香涯 著 833−836
俳文概説(抄) 石田元季 著 837−839
談林の俳諧 瀧田貞治 著 841−860
西鶴『好色五人女』に見える女性相 遠山葉子 著 861−865
『男色大鑑』に見る小島彦十郎 石割松太郎 著 866
菊池寛氏に訊く 菊池寛 述 867−869
近世文学の註釈に就いて 佐藤鶴吉 著 870−897
源氏酒考 野間光辰 著 898−920
『好色一代男』(改造文庫)序・はしがき・附記 神谷鶴伴 著 921−927
「西鶴俳諧研究」を読んで 竹村艸叢 著 928−932
一歩小判に就いて 玉林晴朗 著 933−934
井原西鶴の研究 潁原退蔵 著 935−949
浮世草子の研究 藤村作 著 951−991
明治文学史論 高須芳次郎 著 992−994
〈国文学時評〉恐怖に価する素人西鶴論 近藤忠義 著 995−997
『難波色紙百人一句』解説 木村捨三 著 998−1004
近世文芸の註釈的作業 潁原退蔵 著 1005−1026
落穂集 清水生 著 1027
西鶴の浮世草紙に就いて 森健之助 著 1029−1048
西鶴の拝金思想 田村栄太郎 著 1049−1056
『好色一代男』と俳諧 森山路水 著 1057−1063
「永代蔵」小論 熊谷孝 著 1064−1072