サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

収録作品一覧

音楽のカルチュラル・スタディーズ

音楽のカルチュラル・スタディーズ

  • マーティン・クレイトン(編)/ トレヴァー・ハーバート(編)/ リチャード・ミドルトン(編)/ 若尾 裕(監訳)/ 卜田 隆嗣(訳)/ 田中 慎一郎(訳)/ 原 真理子(訳)/ 三宅 博子(訳)
作品 著者 ページ
音楽研究と文化の思想 リチャード・ミドルトン 著 1−18
音楽と生物文化的進化 イアン・クロス 著 20−31
音楽学、人類学、歴史 ゲイリー・トムリンソン 著 32−46
音楽と文化 フィリップ・V.ボールマン 著 47−60
音楽の比較、音楽学の比較 マーティン・クレイトン 著 61−73
音楽と社会的カテゴリー ジョン・シェファード 著 74−85
音楽とその媒体 アントワーヌ・エニョン 著 86−99
音楽と日常生活 サイモン・フリス 著 100−113
音楽・文化・創造性 ジェイソン・トインビー 著 114−126
音楽と心理学 エリック・F.クラーク 著 127−138
主観礼賛!音楽・解釈学・歴史 ローレンス・クレイマー 著 139−151
歴史音楽学はまだ可能か? ロブ・C.ウェグマン 著 152−163
社会史と音楽史 トレヴァー・ハーバート 著 164−175
音楽の自律性再考 デイヴィッド・クラーク 著 178−191
テクスト分析か、厚い記述か? ジェフ・トッド・ティトン 著 192−204
音楽、体験、そして情動の人類学 ルース・フィネガン 著 205−218
音楽の素材、知覚、聴取 ニコラ・ディベン 著 219−231
パフォーマンスとしての音楽 ニコラス・クック 著 232−244
ネズミと犬について イアン・ビドゥル 著 245−258
差異を糾弾する コフィ・アガウ 著 259−272
名称がもたらす差異 デイヴィッド・ブラケット 著 273−287
人々とは誰か? リチャード・ミドルトン 著 288−302
音楽教育、文化資本、社会集団のアイデンティティ ルーシー・グリーン 著 303−314
楽器のカルチュラル・スタディー ケヴィン・ダウ 著 315−325
民族音楽学における「ディアスポラ」の運命 マーク・スロウビン 著 326−342
グローバリゼーションと世界音楽の政治学 マーティン・ストウクス 著 343−356
音楽と市場 デイヴ・レイン 著 357−370