サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

日本の神話・伝説・民話 ランキング

日本の神話・伝説・民話のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

収録作品一覧

信州の民話伝説集成 北信編

信州の民話伝説集成 北信編

  • 高橋 忠治(編著)
作品 著者 ページ
秋山村の白い手   16−17
矢櫃村の檀   18−19
平右衛門の知恵   20−21
名刀とかげ丸   22−23
野々海池の主   24−25
大蛇のたたり   26−27
ワラビの恩   28−29
ふんどし地蔵   30−31
吹雪の観音さま   32−33
極楽へ   34−35
いい男の正体   36−37
箕作の白キツネ   38−39
綱切橋   40−41
鬼神堂   42−43
樽滝の主   44−45
ザンギリ党   46−47
狐をだました話   48−49
関屋の親子松   50−51
白い馬に乗った娘   52−53
とうろ木峠   54−55
小菅神社の姫小松   56−57
蛇が竜になるとき   58
末期の忍術   59−60
雨をよぶ経文   61−62
ご神木のイチイ   63
ご神木を守った蛇   64−65
オクマとショウジの木   66−67
田茂木池の主   68−69
継子の鳥   70−72
熊の手洗い湯   74
三度っくり   75
二つの彼岸   76
めでたい名   77
種を運んだ和尚さん   78−80
川をのぼった鐘   82−83
宣勝寺林の狐   84−85
法印さんと平塚の狐   86−87
御見立てのエノキ   88−89
小見の観音さん   90−91
大沼池に呑まれた絵姿   92−94
竜と琵琶法師   95−96
十三崖   97−98
蛇の恩返し   99−101
臼清水   102−103
竜宮から届いた山椒の実   104−105
高社と斑尾山の背比べ   106−107
谷厳寺の猫   108−109
ろう池   110−111
不白塚   112−113
酒飲み弁天   114−115
一子地蔵   116−117
法運寺の仁王さん   118
神宮寺の八   119−120
田上の観音様   121−122
剣ずり石   123−124
山を跨ぎ歩く鬼   125
火あぶり観音   126−127
おにぎり臼   128−129
斑尾山と空海池   130−131
音吉大明神   132−133
福島正則の杉   134−135
福原の大日如来   136−137
脛石   138−139
三途河の婆いじめ   140−141
芋喰い仁王さん   142−143
雁田山の姥石   144−145
朝帰りの地蔵さん   146−147
鼻取り太子の田   148−149
こと婆の来る晩   150−151
黒船と鎧ばたけ   152−153
福井の夫婦水   154−155
アザをつくる若宮八幡さま   156−157
鬼抱き石   158−159
竜になった黒姫   160−162
原の閑貞桜   163−164
雀捕りの名人   165
野尻湖の主   166
強清水   167
古海街道の妖怪   168−169
姫の泣き石   170−171
美女のあだ討ち   172−173
芋川用水哀話   174−175
キツネの戦争ごっこ   176−177
大蛇の呪い   178−179
神と仏の警戒警報   180−181
八蛇川の毒蛇   182−183
消えた提灯   184−185
地蔵首村   186−188
十三塚   190−191
泣き坂   192−193
代搔き太子さま   194−195
おてんごさんの木切り   196−197
四阿山   198
怒鳴られた殿様   199−200
カニ寺   201−203
山麓を拓いた母と娘   204−205
高山寺の竜   208−209
法蔵寺の猫   210−211
かくれまや   212−213
狐の嫁入り行列   214
弘法様の万年機   215−216
豆玉野郎   217−218
物言わぬ嫁   219−220
孫の生き埋め   221−223
虫倉山の山姥   224−225
臥雲院の山門の竜   226−227
ぬすとの宮   228−229
狐か天狗か幽霊か   230−231
権兵衛の屋敷跡   232−234
犀竜と泉小太郎   236−237
鳴く鳴かぬの松   238−239
和田の城の埋蔵金   240
久米ノ仙人   241
きじも鳴かずば   242−243
矢ノ尻の豆飾り   244−245
天狗の人質   246−247
日本武尊と栃ケ峰の狐   248−249
一夜山   250−251
鬼女紅葉   252−253
三野王と見返り地蔵   254−255
根上りの松   256−257
天女の機織り石   258
赤鬼の佐治兵衛   259
竜の宝珠と鬼無里のお宮   260−261
大昌寺と狐   262−264
念仏池   265
西行桜   266−267
おまんの墓   268−269
栅橋   270−271
天狗さんの宝刀   272−273
北石の大日如来   274−275
野尻の水   276−277
猿田彦のお告げ   278−279
大石の馬頭観音   280−281
旅に出たままの観音様   282−283
雨乞いのボウボウ石   284−285
トロッコとお化け機関車   286−287
謎のステッキ男   288−289
ごうろ山のムジナ   290−291
泉平の神代桜   292
一膳畑   293
七二会の栃の木   294−295
嫁殺しの池   296−297
犬石の「犬石」   298−299
蚊のいない家   300−301
目洗い石   302−303
いないのにいる話   304−305
お種池   306−307
狐の仕返し   308−309
漆かきと狼   310−311
ムジナ灯篭   312−313
敷石への祈り   314−316
吉三と濡れ仏   317−318
石堂丸と刈萱上人   319−321
虎が塚   322
胡麻を作らない   323
桐原の竜馬   324−325
いぼ取り石   326−327
髻山の姫石   328−329
天狗に腕を貸した和尚   330−331
独り寝の橋   332−333
経読み地蔵   334−335
遠藤塚の火の玉   336−337
姫塚   338−339
酒飲み弥勒   340−341
皆神山の天狗   342−343
ねずみ清水   344
柴のお茶洗い石   345
お安紅梅   346
猿の過去帳   347−348
ムジナの星見   349
キツネの手助け   350
縁切り橋   351−352
山津波と五人の若者   353−354
ぬくといか   355−356
逆さ麦   357
幕張りの杉   358−359
人肌観音   360−361
雨降り地蔵   362−363
典厩寺の閻魔堂   364
胴合橋   365
保科観音と坂上田村麻呂   366−367
風の童子   368−369
おようたけ   370−371
天浦の水引地蔵   372−373
片目のドジョウ   374−375
蛇枕石   376−377
八幡のカラス   378−379
おば捨て山   380−381
満照寺こたつ   382
ロシヤ   383−384
雨宮と和泉式部   385
篠崎の袖振り地蔵尊   386−387
内川の神代ケヤキ   388−389
恋しの湯   390−392
天狗三兄弟   393
卍峠   394−395
福井の六部地蔵   396−397
冠着山   398−399
雄沢と雌沢   400−401
碁を打つ観音様   402
長い話   403
大ネズミと唐猫   404−406
枠山峠   407
代官の死霊   408−409
笄の渡し   410−411
キビ平   412−413
あかしの松   414
夜泣き石   415
重箱雨   416−417