サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

収録作品一覧

信州の民話伝説集成 東信編

信州の民話伝説集成 東信編

  • 和田 登(編著)
作品 著者 ページ
沓掛の石芋   16−17
奇妙なもうけ話   18
おかんが池   19
おかんが池の雨乞い   20−21
法華経と蝦夷   22−24
狐に化かされた話   25
不思議な鉈   26−27
善光寺窪   28
甘子清水   29
おうなせぎ   30−31
安知羅様   32−33
天狗にさらわれた話   34−35
幸村の碁盤石   36−37
たかやの池   38
山犬とやきもち   39
小婦じと藪谷長者   40−41
金のにわとり   42
白鳥河原の孝女   44−45
唐猫伝説   46−48
大蛇が産んだ赤ん坊   49−51
小泉小太郎   52−55
山口の一つ火   56−57
国分寺の鐘   58−59
真田井戸   60
真田石   61−62
小松姫のむこ選び   63−64
松代移封   65
鏡池の由来   66−68
別所観音霊験   69−71
嶽の幟   72−73
西行のはねぐそ   74
舌喰い池   75
孫左衛門   76−77
袈裟供養   78−79
保野の長者   80−81
弘法石と独鈷山   82−83
猫石   84−85
不思議な火事   86−88
鹿教湯の由来   89−91
ほうじゅ様   92−93
めし食わぬ嫁   94
武田信玄のかくし湯   95−96
長瀬地蔵   97−99
しっこう加右衛門   100−101
平維盛と霊泉寺温泉   102−103
お仙ケ渕   104−106
一心行者   107−108
ノリデの木   109−110
送り犬   111−112
大師のさかさ杖   114−115
穂なし芦   116−117
カヤの木さま   118−119
小太ばあさん   120−124
雷電の力持ち   125
雷電と陳景山   126−128
鼻取り地蔵   129−130
欲にも落とし穴   131
人柱と白い着物   132−133
つばくろと雀   134
チチンピヨロ   135
牛に引かれて善光寺参り   136−137
乳母石と十二権現   138−139
牛池   140
のうせんかづらの大株   141
月岩   142−143
たくあん風呂   144
縁切り地蔵   145
扉峠のいわれ   146−147
夜の池   148−149
矢花の矢石   150−151
和田峠の八房栗   152−153
美ケ原のデエラボッチ   154−155
若宮さま   156
立岩の駒形   157−158
伝蔵稲荷   159−160
釜鳴屋   161−163
丸岩の膳椀   164−165
境争い   166−167
四泊の池   168−169
名月と常福寺   170−171
筆ヨシの沢   172
小豆とぎの女   173−174
甲賀三郎   175−177
与惣殿塚の亡霊犬   180−181
中屋敷の一本ケヤキ   182−183
赤沼池の河童   184−185
龍殿のお椀貸し   186
麦草のしゃくとり   187
富士見の山門   188−189
霧窪の伝説   190−191
鳴海天神の七不思議   192−194
飯綱山の火祭り   195
善光寺まで影がとどいた青木   196−197
会初川   198−199
餓鬼山   200−201
駒形石   202−203
郷土の金掘り   204−205
お米をとぐ荒神様   206−207
小諸の祇園   208−209
乙女の伝説   210−211
琵琶掛橋   212
金鶏長者   213
阿弥陀面   214−215
三体霊人の屋敷神様   216−217
無宿人の首切り   218−219
二手の橋   220−221
峠恋しやの鐘   222−223
めっき和尚   224−226
綿埋   227
遠近宮の魔の石   228−229
デーランボー   230−231
お菊の墓   232
笑い坂   233
地蔵と心中したお稲荷さま   234−235
おおみそかの客   236−237
猿のうらみ   238−239
胡麻を作らない話   240
不思議な子   242
豆がころころ   243
真楽寺の神代杉   244−245
不動明王   246
夜叉石   247
おはぎを食った仏様   248−249
獄門場   250
土手次郎   251
暮の餅が赤くなる話   252
皎月の輪   253
突切渕の河童   254
突切のクモ   255
突切に入水した娘   256−257
御神体を貸した春日神社   258−259
代官と村人   260−262
隠れ蓑   263−265
山犬   266
だんご   267
すいたん坊   268
血の池   269
神津虎三と百姓   270−271
赤蟻又兵衛   272−273
神様の相撲   274
無限の鐘   275
密蔵法師   276−277
むじなと医者   278−279
妙宣小僧   280−281
黄金の壺   282−283
火伏大日   284−285
諏訪様の御神体   286−287
しか様のおまけ   288−289
鬼の手判   290−291
めっこ和尚   292−293
落て場   294−295
千曲川の由来   296
ほうとう石   297
前の久保の狐   298−299
十二ケ滝の酒泉   300−301
六道原の地蔵尊   302−303
馬郎婦観音   304
蛇穴   305
御馬寄勝手宮   306−307
八幡の八幡様   308
ぬすっとの足つぶ   309
弥陀の橋   310−311
本了様   312−313
石の千両箱   314
五郎兵衛せぎの神楽の音   315
一夜土手   316
月輪寺   317
望月の駒   318−321
影の清水   322
茶釜のどぶ   323
彦左衛門稲荷   324−325
聖井   326
春日温泉の始まり   327
腹巻き石   328
知らせに行く狐   329
地蔵田   330−331
宝国寺の鐘   332
石地蔵と清滝不動   333
梅円坊の化け物退治   334−336
ガバ   337
臼田の由来   338−339
御霊石   340−341
馬洗渕の河童   342−343
池の主になった息子   344
雄池雌池   345
新三郎   346−347
通らず   348
狸とおやき   349
稲荷さん   350−351
おくら狐   352−353
上人岩   354
穂のでないススキ   355
郷右衛門とムジナ   356−357
チボチの池   358−359
白馬のたたり   360−361
狐の宝珠の玉   362−363
とびっと   364−365
けむりに用はなし   366−367
門松を立てない話   368
ぼく水   369
半弥   370−371
鯨の話   372−373
蛇石   374−375
泣きっ面・破箱   376−377
化け猫の話   378−379
八ケ岳と富士山   380−381
佐兵衛   382−383
化け物の話   384
枕返しの石   385
千曲姫   386−387
山犬のいたずら   388−389
蜘蛛が渕   390−391
大神楽山   392
“まめ”のまじない   393
三滝山   394−395
七人塚   396
火打石   397
おみかの滝   398−400
藤七の仇討ち   401−402
義賊吉五郎   404−405
海ノ口と海尻   406
安平衛のふんどし岩   407
穴に落ちた兄   408−409
広瀬の蛇   410−411
ずうずう渕   412
お花ナシ   414−416
生きた人間の立ち埋め   417
味噌盗人   418
シャクナゲばんば   419
猟師と犬   420−423
蚕神と馬   424−426