サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

収録作品一覧

村上春樹と小説の現在

村上春樹と小説の現在

  • 日本近代文学会関西支部(編)
作品 著者 ページ
第Ⅰ部 シンポジウム「村上春樹と小説の現在−記憶・拠点・レスポンシビリティ」    
ポストモダン・ローカリティ 高木彬 述 2−13
村上春樹は世界文学か日本文学か 中川成美 述 14−29
「正しさ」の村上春樹論的転回 石原千秋 述 30−40
ピンポンと弑逆。 千野帽子 述 41−57
全体討議 高木彬 ほか述 58−86
第Ⅱ部 村上春樹から〈小説の現在〉を考える    
村上春樹とポピュリズム、その不確かな壁 清水良典 著 88−98
村上春樹と〈小説の現在〉 金子明雄 著 99−108
村上春樹の「王殺し」 佐藤秀明 著 109−117
記憶の物語/時間のレトリック 日高佳紀 著 118−127
「羊男」の描写と「歴史」の現前について 青木亮人 著 128−139
変容するテクスト/変容する書き手 安田孝 著 140−149
村上春樹「沈黙」論 木村功 著 150−160
告白する彼女たち 趙柱喜 著 161−170
エロティックな通俗小説から格調の高いベストセラーへ 孫軍悦 著 171−181
『海辺のカフカ』と九・一一以後の想像力 深津謙一郎 著 182−190
メタフィクションとしての『1Q84』 黒田大河 著 191−199
牛河という「子供」 飯田祐子 著 200−208
『1Q84』論 平野芳信 著 209−217
村上春樹現象とは 明里千章 著 219−225