サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

ジャズ ランキング

ジャズのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

収録作品一覧

ジョン・コルトレーン インタヴューズ

ジョン・コルトレーン インタヴューズ

  • ジョン・コルトレーン(述)/ クリス・デヴィート(編)/ 小川 公貴(共訳)/ 金成 有希(共訳)
作品 著者 ページ
アフロ、ビバップのコンサートへ行く ルーファス・ウェルズ 著 22−27
ジョン・コルトレーンへのインタヴュー ジョン・コルトレーン 述 28−52
ファンとのやりとり クロスビー・K.コルトレーン 著 53−56
ジャーナリスト、ボブ・スニードとのやりとり ボブ・スニード 著 57−61
ディクソン・デブラ・キサイへの手紙 ジョン・コルトレーン 著 62−63
トレーン・オン・ザ・トラック アイラ・ギトラー 著 64−71
ジャズの横顔:一途なミュージシャン、ジョン・コルトレーン ボブ・スニード 著 72−74
正直なジョン、目隠しテストに答える レナード・フェザー 著 75−81
『ジャイアント・ステップス』ライナーノーツ ナット・ヘントフ 著 82−86
ジョン・コルトレーンへのインタヴュー ジョン・コルトレーン 述 87−91
ジョン・コルトレーン物語 ジョン・コルトレーン 述 92−98
コルトレーン、自身を語る ジョン・コルトレーン 共著 99−110
コルトレーン−人と音楽 ジーン・リース 著 112−120
ジョン・コルトレーンへのインタヴュー ジョン・コルトレーン 述 121−125
カウントダウン・アット・アバート:新たなジャズの王、この地より飛翔す トニー・ギエスク 著 126−129
ジャズ界の異端児:かしいだ冠をいただく王 トニー・ギエスク 著 130−135
ついにやった   136−139
『アフリカ/ブラス』ライナーノーツ ドム・セルリ 著 140−144
シアターノーツ:ジャズマスターたちとのランチ ポール・アダムス 著 145−148
ジョン・コルトレーンへのインタヴュー ジョン・コルトレーン 述 149−157
『ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』ライナーノーツ ナット・ヘントフ 著 158−164
私は英国に戻ってきたい−そしてクラブでプレイしたい ジョン・コルトレーン 述 165−169
コルトレーンとの語らい ヴァレリー・ウィルマー 著 170−181
ジョン・コルトレーン、『ジャズニュース』に語る キティー・グライム 著 182−186
現代のファウスト、ジョン・コルトレーン J.C.ダージェンピエール 著 187−197
ジョン・コルトレーン:インタヴュー ジョン・コルトレーン 述 198−210
ジョン・コルトレーンへのインタヴュー ジョン・コルトレーン 述 211−213
ジャズマン・オブ・ザ・イヤー:ジョン・コルトレーン バーバラ・ガードナー 著 214−231
ジョン・コルトレーンとエリック・ドルフィ、ジャズ評論家たちの問いに答える ドン・デマイケル 著 232−248
ドン・デマイケルへの手紙 ジョン・コルトレーン 著 249−252
オン・ザ・タウン:過去最高のコルトレーン トニー・ギエスク 著 253−257
『デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン』ライナーノーツ スタンレー・ダンス 著 258−261
ジョン・コルトレーンへのインタヴュー ジョン・コルトレーン 述 262−283
ジョン・コルトレーンへのインタヴュー ジョン・コルトレーン 述 284−288
ジョン・コルトレーンへのインタヴュー ジョン・コルトレーン 述 289−294
ある夜のコルトレーン:四五分間のソロ演奏 ケン・バーナード 著 296−298
トレーンの魅力は人種を超えた ボブ・ハンター 著 299−304
トレーンの思い出 その1 ランディ・ハルティン 著 305−313
ジョン・コルトレーンへのインタヴュー ジョン・コルトレーン 述 314−320
コルトレーン:次はアフリカのリズムだ レイ・コールマン 著 321−326
ちょっぴりジャズを:ジョン・コルトレーンとの閑談 ジョン・コルトレーン 述 327−330
コルトレーンは音楽を変えるか レナード・フェザー 著 331−334
『至上の愛』ライナーノーツ ジョン・コルトレーン 著 335−343
ジョン・コルトレーン ジョー・ゴールドバーグ 著 344−358
ジャズの頸木から解き放たれたコルトレーン マイケル・ヘネシー 著 359−365
アンティーブの星、コルトレーン:「もう先へは進めない」 ミシェル・デローム 著 366−374
ジョン・コルトレーンへのインタヴュー ジョン・コルトレーン 述 375−380
トレーンの思い出 その2 ランディ・ハルティン 著 381−394
『メディテーションズ』ライナーノーツ ナット・ヘントフ 著 395−397
来日インタヴュー ジョン・コルトレーン 述 398−414
コルトレーンへのインタヴュー コルトレーン 述 415−454
『ライヴ・アット・ヴィレッジ・ヴァンガード・アゲイン!』ライナーノーツ ナット・ヘントフ 著 455−460
ジョン・コルトレーン:その印象と記憶 ババトゥンデ・オラトゥンジ 著 461−471
『クル・セ・ママ』ライナーノーツ ナット・ヘントフ 著 472−475
トレーンは逝ってしまった ハーブ・オブライエン 著 476−479
コルトレーン語録 コルトレーン 著 480−490
コーダ:トレーンの三つの願い ジョン・コルトレーン 著 491
フランクリン・ブラウワーへのインタヴュー フランクリン・ブラウワー 述 492−528
イザドア・グラノフへのインタヴュー イザドア・グラノフ 述 529−533