サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
漱石漢詩の一考察 大地武雄 著 7−13
与謝野鉄幹と漢詩 西村富美子 著 15−20
松前重義博士の心と“東海”ということば 小林千草 著 21−26
漱石の無題の英詩をめぐって 岸山睦 著 406−410
室生犀星の詩と庭 外村彰 著 27−32
野口米次郎のロンドン 21 ロレンス・ハウスマンとの交友 和田桂子 著 394−404
八木重吉「素朴な琴」 今高義也 著 33−44
『四季』の最後の詩人 1 國中治 著 45−55
花の詩人坂村真民 杉本省邦 著 57−68
高村光太郎『道程』を読む 8 飛高隆夫 著 69−83
三好達治論 守屋貴嗣 著 85−91
行為する《小児》 吉田恵理 著 93−98
中原中也 秋山公男 著 99−110
中原中也「かなしみ」論 薮田由梨 著 111−115
山羊の歌 秋山公男 著 117−130
『山羊の歌』初期詩篇は如何にして推敲されたか 杉下元明 著 131−137
宮澤賢治のSiO2 傳村智彦 著 139−144
語りと音楽3題「宮澤賢治の世界」 星野和夫 著 375−392
宮澤賢治「文語詩稿五十篇」評釈 10 信時哲郎 著 145−152
詩人のイロニー/批評家のイロニー 大澤聡 著 364−374
伊東静雄青年期の読書体験 渡部満彦 著 153−159
金時鐘の日本語表現 浅見洋子 著 161−170
感性の教育と詩の言葉 小川史 著 358−362
町子のクィアな物語 武内佳代 著 171−178
日本近代詩史における詩集『死刑宣告』の意義 水川布美子 著 179−188
戦後文化運動と詩誌「列島」 竹内栄美子 著 189−193
現代短歌の文法 坂梨隆三 著 195−198
『跡見花蹊日記』からみるカリキュラム 植田恭代 著 199−207
近代の女性表現と女性フォーラム 田中光子 著 209−214
蕪村と晶子 藤田真一 著 215−221
岡本かの子『わが最終歌集』と『深見草』の位置 外村彰 著 223−229
歌集『一握の砂』の表現方法について 太田登 著 231−237
『悲しき玩具』歌稿ノートの配列意識 3 「第三段階」の歌群(115〜130番歌)について 大室精一 著 240−248
古泉千樫「燭影」考 千野明日香 著 249−255
會津八一「南都遊行」と山田正平の周辺 柿木原くみ 著 257−265
我も何けよと羽ばたきぞする 烏冬青 著 267−272
『新萬葉集』における土屋文明の歌 荻野恭茂 著 273−279
俵万智ノート 松島淨 著 281−289
「感念」のありか 青木亮人 著 291−297
正岡子規の新出書簡 藏角利幸 著 299−305
俳諧を知らざる新聞記者 青木亮人 著 307−312
子規連句私解 獨吟百韻「灯ともさぬ」の巻其二十七〈四オ折端〜同ウ折立〉 大島富朗 著 313−321
子規連句私解 獨吟百韻「灯ともさぬ」の巻其二十八〈四ウ二句〉 大島富朗 著 323−328
角川源義の「ロダンの首」の句について 斉藤英雄 著 329−338
演歌の時代 棚田輝嘉 著 346−356
漱石漢詩の一考察 大地武雄 著 339−345