サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
戦後詩を切り拓いた市川の詩人たち   10−27
世界の光と陰をシンプルに書き記す人   30−38
宇宙意志と地上の眼差しが共存する人   39−47
ナナカマドの実に聖なるものを感受する人   48−54
岩手から天山山脈に架ける想像力を   56−68
〈雨新者〉を探し求める人   69−74
「仏教詩」を創造する雨新者の精神   75−80
「廃屋の記憶」を生きる力に転化させる人   81−88
一万年の風の記憶を反復する人   89−99
「天地返しの一夜」を「連れ合い」と生きる人   100−107
言語の基層から真の「笑い」を汲み上げる人   108−116
「花の沈黙」を思索する人   118−132
桜花と青花から〈ことばの数珠玉〉へ   133−148
母の悲しみの中に他者の痛みを視る人   149−154
民衆の内部の敵を批評する人   155−163
いつの時代も真実と夢みる力を語り出す人   164−175
「世界再構築の夢」に突き動かされる人   176−181
世界が若者に生を促すように詩作する人   182−188
戦争責任と働く現場をしなやかに問う人   189−199
宇宙の光から「内なる言語」を感受する人   200−208
心の故郷に巡礼の旅をする人   209−218
「三従の桎梏」を詩の「昻ぶり」に変える人   219−224
母の記憶に生の実相を照らし出す人   225−231
境界を越えて戦争の悲劇を未来へ語る人   232−236
「本当の百姓」の実像と悲しみを伝える人   237−240
夢の言語化を夢見る人   242−253
「原音」から暗闇を極彩色に染める人   254−259
赤子から森羅万象に聖なるものを見出す人   260−271
民衆の中の「母の声」に耳を澄ます人   274−279
臍の緒を通した白い記憶   280−292
母の祈りを反復する人   293−298
阿修羅の川音を共感覚で捉える人   299−306
故郷の中の異郷を地鳴りのように感受する人   307−319
天命の秋をデザインする人   320−330
戦後詩論を受け継ぎ引き渡す人   331−339
無限の前で藍を生きる人   342−350
晩秋の大谷祖廟から銀月アパートまで   351−356
長良川の河原で「夕陽のしずく」を創り出す人   357−364
異郷と故郷との根源的な対話を試みる人   365−375
「鏡の村に棲む妹」を密かに憧れる人   376−378
「ひかえめの美」に憧れる人   379−383
小径を歩行し美を思索する人   384−391
円環する純粋経験を詩作の文体に刻む人   392−400
イネの「永遠思考」を体現する人   402−414
森羅万象に「ふるさと」を探る人   415−426
「しんの優しさ」を共に生きる人   427−433
「忘れられた者達の願い」を聴く人   434−439
「途方に暮れる」瞬間を生きる場所に転化する人   440−445
人間を不幸にする世界の構造を透視する人   446−460
「生きることに手間をかける」人   461−470
小さな命から世界の深淵に見入る人   471−480
今ここで静かな問いかけを物語る人   481−490
「小さな鍵穴」から故郷の再生を夢見る人   491−501
峠三吉の詩的精神を夏空に問い続ける人   502−510
封印された感動を明るみに出す人   511−519
真に「飛ぶ」ことの意味を問いかける人   520−522
「広島の夏を語り継ぐことの苦しさ」に耐える人   523−532
戦後詩の戦争責任を生きる人   534−552
四万十川の人びとを衞り育てる人   553−567
川のほとりで人びとを讃え続ける人   568−571
魂のただ中で「偉大な力の声」を聴く人   572−584
八月の空に花曼荼羅を詩作した人   586−602
「ナガサキの哲学」を創出する人   603−608
〈とうとがなし〉精神で世界を繫げる人   609−614
筑波山の神水と徳之島の浜泉を飲み干す人   615−620
日本の詩を真に世界に発信し続ける人   621−628
「真のふるさと」を創生する人   630−632
〈原故郷〉の新芽を問い続ける人   633−635
眼がつぶれるほどの想像力を駆使した詩人   636−637
アジアの「叙景の悲劇」を凝視する人   638−640
数千年の交流から「原故郷」を生み出すために   642−649
あとがきにかえて   650−655