サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

収録作品一覧

貴志康一と音楽の近代 ベルリン・フィルを指揮した日本人

貴志康一と音楽の近代 ベルリン・フィルを指揮した日本人

  • 梶野 絵奈(編著)/ 長木 誠司(編著)/ ヘルマン・ゴチェフスキ(編著)
作品 著者 ページ
過渡期のヴァイオリニスト、その音と姿 梶野絵奈 著 16−55
貴志康一が「作曲家」になるまで 堀内彩虹 著 56−71
ベルリンの日本人 中村仁 著 72−86
思ひ出づるまゝに 山上揚平 著 87−105
「日本の洋楽」の音階と貴志康一の旋律 ヘルマン・ゴチェフスキ 著 108−127
歌曲について 子安ゆかり 著 128−145
ヴァイオリン曲について 梶野絵奈 著 146−161
文化映画『鏡』、自画像を超えて 白井史人 著 162−178
ゆれる「日本」像のなかで 中村仁 著 179−195
貴志康一とオペラ 長木誠司 著 196−210
「天才」少年少女の時代 伊藤由紀 著 212−228
欲望のコロニアルな対象 竹峰義和 著 229−242
貴志康一による音楽統制論の真意 岡野宏 著 243−256