サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

内科学 ランキング

内科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

収録作品一覧

肝炎・肝癌の新しい診断と治療

肝炎・肝癌の新しい診断と治療 (犬山シンポジウム)

  • 犬山シンポジウム記録刊行会(編)
作品 著者 ページ
B型肝炎の新しい治療 林紀夫 著 13−24
HBs抗原量測定の臨床的意義 田中榮司 著 25−32
HBe抗原陽性B型慢性肝炎の1年後のHBe抗原 八橋弘 著 33−39
HBe抗原蛋白による肝細胞サイトカイン産生への影響 横須賀收 著 41−47
C型肝炎の新しい治療 熊田博光 著 51−64
C型慢性肝炎の効果予測因子 茶山一彰 著 65−75
血清IP−10値からみたPEG/RBV併用療法のウイルス効果 豊田成司 著 77−86
難治性C型慢性肝炎におけるペグインターフェロン・リバビリン併用療法における再燃関連因子 泉並木 著 87−93
C型肝炎に対するリバビリン併用インターフェロン療法 大崎往夫 著 95−106
Peg−IFN/RBV治療非著効例に対する再治療効果 林紀夫 著 107−113
C型慢性肝炎治療におけるIL28Bの有用性と今後の問題 溝上雅史 著 117−123
高齢者C型肝炎ではALT低値、血小板高値でも発癌する 熊田卓 著 125−130
C型慢性肝炎患者に対するPeg−IFN−α/RBV併用療法における抗IFN−α中和抗体の臨床的意義 西口修平 著 131−137
糖尿病治療薬とHCV関連肝細胞癌 佐田通夫 著 139−143
C型肝炎ウイルス感染がNK細胞機能に及ぼす影響 佐々木裕 著 145−152
肝癌の新しい治療 沖田極 著 157−165
EOB−MRIによる早期肝癌診断能の向上 山本和秀 著 167−170
肝細胞のAFP産生へのトランスフェリンレセプター2(TfR2)の関与 向坂彰太郎 著 171−174
C型進行肝細胞癌に対するPEG−IFNα−2b/5−FU/リバビリン併用療法の評価 鈴木一幸 著 175−183
進行肝癌に対する5−FU動注/IFN治療効果予測因子としての末梢血単核球(PBMC)IFNreceptorの意義 日野啓輔 著 185−190
肝癌に対する新規抗癌剤ミリプラチン動注療法の治療効果 池田健次 著 191−195
進行肝細胞癌に対するsorafenibの使用実態と今後の課題 田中克明 著 197−204