サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

津軽民話の会 昔話聞き書

津軽民話の会 昔話聞き書

  • 津軽民話の会(編)
作品 著者 ページ
稲のはじまり   22
大みそかの火   22−23
烏の育て子   23−25
木仏と金仏   26
肉付き面   26−27
龍宮の馬   27
地蔵浄土   28−29
鼠の浄土   29−31
舌切り雀   31−32
桃太郎   32−33
瓜姫コ   33
田螺息子   34−35
足なえ長者   35−36
酒の泉   36−37
運定め   37−39
子どもの運   39
三人兄弟   39−40
米子と糠子   40−41
米子と粟子   41−42
蛇婿豆炒り   42−43
蛇婿   43−44
蛇婿   44−48
姥皮   48−51
猿婿   51−52
蛇の嫁   52−54
狐の嫁   55−57
阿倍の童子   57−59
蛙の嫁   59−60
雉の恩返し   60−61
謎解き婿   61−62
てるてる姫   63−64
縁の網   64−65
大盤若の刀   65
絵猫の鼠退治   65−66
池の主   66
狐の人まね   66−67
狐の嫁取り   67−70
山姥   70−72
飯食わない嫁コ   72−73
花咲か爺   73−77
狐と博労   77−79
鹿橋の名のおこり   79−80
山賊のむがし   80−84
伊勢参り   84−86
人柱   86−87
姥捨山   88
姥捨山   89
屁ふる木   89
亡者舟   90
仏の仕返し   90−91
時鳥と兄弟   91
啄木鳥不孝   91
蚕のはじまり   91−92
ふくろう紺屋   92−93
柳の土台を使わないわけ   93
猿と蟹の餅争い   93−94
かちかち山   94−97
尻尾の釣り   97−98
十二支のはじまり   98
十二支と猫   99
猿の目出し帽子   99
河童のいたずら   99
鼠の嫁入り   99−100
古屋の漏り   100
出たものは切る   101−103
左甚五郎のいたずら   103
木ッ端の蝦   103
艫をとれ   103−104
鰊潰し   104
建で鰊   104
昼鰊   105
草食った馬   105−106
合羽を釣る   106
鍋の蓋   106
鵜鳥退治   106−108
種キミ   108−109
石と身役げ   109
しがんとひがん   109−110
鼠経   110
鶯の鳴き声   110
蟬の鳴き声   111
山伏と狐   111−113
ばか婿   113−114
さとれ善兵衛   114
誰だっ屁   114−115
運のいい婿   115−116
梨の実   116
橡の実   116−117
鬼のふんどし   117
長いナガラ   117
爺ちゃじっと   117
話ぁはじけで   118
昔ぁむんつけで   118
婿の世話   120
極楽参りの棒   120−121
馬と比べる   121−122
聞き違い   122
豆の粉が飛んだ話   123
鼠の楽土   123−124
屁ふり爺コ   124−126
姥捨て山   126
長いむがし   126
短いむがし   126
糸合図   126
婿のあいさつ   127
三枚の護符   127
三枚の護符   127
田螺息子   127−128
短いむがし   128
餅は蛙   128−129
継子と鳥   129
米袋粟袋   129−130
地蔵浄土   130
古屋の漏り   130−131
狐に化かされた話   131
河童駒引   131
河童駒引   132
食わず女房   132−133
桃太郎   133−134
地蔵浄土   134
長いむがし   134
長いむがし   135
死んだ女房   135−136
犬むかし   137−138
儲ければ田を買う話   138−139
屁ふり爺   139
橡の木   139−140
地蔵浄土   140−141
和尚と小坊   142
短い話   142
おうらん子   142−143
鬼の博打   143
鬼の腕   143−144
文福茶釜   144−146
草刈った話   146
豆こ話   147
地蔵浄土   147−149
長い名の子   149
舌切り雀   149−150
犬むかし   150−152
屁ふり爺   152−153
肝だめし婿   153
どっこいしょ   153
豆こ話   153−154
舌切り雀   154
地蔵浄土   154−156
鼠経   156
和尚と小坊   156
猿婿   156
長い名の子   157
豆こ話   157
犬むかし   157
橡の実   157−158
よし子とさん子   158
長い名の子   158
橡の実   158−159
腐った風   159
犬むかし   159−160
間のいい猟師   160
田螺婿   160−162
山姥と小僧   162−164
若返りの水   164−165
姥捨て山   165−166
灰縄   166
瓜姫子   166
豆こ話   166
家さ火付ける   167
足駄と草履を履く   167
芋を刺す   167−168
薪二棚切る   168
つかみつかませる   168
長い名の子ども   169
耳学問   169−170
屁ふり爺コ   170−171
鳥コ捕まえた   171
殿様の稲刈り   171−173
継子ばなし   173−174
ばか婿   175
歌掛けの求婚   176
無筆の手紙   176−177
豆殻太鼓   177−178
長い話   178
息子の改心   178−181
米福粟福   181−182
嫁の歌掛け   182
底なしの釣瓶   183−184
姥捨て山   184−186
照姫   186−191
辰子姫   191
小野小町   191−192
飯食ねえ嫁コ   192−193
二人兄弟   193−195
姥捨て山   195−196
さんこ狐   196−199
嫁と姑の歌くらべ   199
歌問答   199−200
団子婿   200
狐の嫁取り   200−201
弘法大師の判コ   201
蛸の話   201−202
蛸と龍   202
養老の滝   202−203
亡者舟   203
おしどりの夫婦   203
軽い箱、重い箱   204−205
八杯の八つ切り   205−207
子は宝   207−208
弘法の木炭焼き   208−209
火葬場の怪   209−210
酒覚めたら来い   210
飯食わない嫁コ   210−211
蛙になったぼた餅   211
八郎潟のはじめ   212
川越え地蔵   212−213
雁鍋   213
姥捨て山   216−217
歌比べ   217−218
化け猫   218−219
ぼた餅が蛙になった話   219−220
にわか経   220
古屋の漏り   221−222
屁ふり爺コ   222−223
豆の粉飛んだ話   223
屁ふり嫁コ   223−224
飯食わねえ嫁コ   224−225
大きい話   225−226
毛持ちはいい   226
勘違い   226−227
医者と坊主   227−229
藪医者とたわけ坊主   229
新聞が逆さま   229
大きな厩   230
にせ金つかい   230
隣の餅   230−231
一丁の豆腐が残る   231
小さい魚   231
煮たより焼けた   232
ためし取り   232−233
土蔵の蚊   233
長い話   233
十里長い大根   233−234
狐に化かされた話 1   234−235
狐に化かされた話 2   235
狐に化かされた話 3   235
忠臣蔵づくし   236
湯屋の神様   236−237
木枕   237−238
団子婿   238
継子と鳥   239−240
蛙報恩   240−241
蟹報思   241
鼻高色   241−242
食わず女房   242−243
胡瓜姫コ   243−244
長い話   244
米福粟福   244
猿の婿   244−245
姑婆さまと栗のイガ   245
忠義な犬   245−246
犬の腹石   246
布団代わりの石   246−247
足駄と草履   247
極楽参りの棒   247−248
子育て幽霊   248
巡礼お鶴   249−250
雁汁コ   250
屁ひり嫁   251
尻尾の釣り   251−252
餅は蛙   252
餅を食った地蔵様   253
豆こ話   254
狐に騙された話   254−255
狐付ける   255
仏様に供えたもの   256
屋根の下の芝居   256−257
博徒婿入り   257−258
山伏狐   258−259
ふんどし占い   259
三人兄弟   259−260
鼠の浄土   260−261
豆こ話   261−262
雁取り爺   262
爺さまの豆拾い   262−264
栗丸   265−267
すねこたんぽこ   267
歌かけ婿   268−269
化け物寺の話   269−270
お化け退治の若者   270−271
大般若のお札   271−273
人に化かされた狐   273−274
狐は仏様   274
津軽の情張り殿様   274−275
小坊主の知恵   275
狐に化かされた油売り   276−277
屁ひり嫁   277
屁ふり嫁コ   278
長いむがしコ   278−279
鼠穴さ転んだ豆コ   282−283
餅を食った阿弥陀様   284
狸に化かされだ話   285
蛙の嫁コ   286
妻の幽霊   287
博打打ち   287−288
金のなる木   288
魚、目つぶれ   289
宝手拭い   289−290
歌の謎   290−292
歌問答   292−294
ちょうのう狐   294−295
姥皮コ   295−297
狐のはなし   297−299
十五夜の話   299−300
力比べ   300−303
蛸屋長兵衛   303
ばか婿   303−305
屁ふり爺コ   305−306
あん子とまん子   307−308
桃太郎   308
猿蟹合戦   308−309
継子の栗拾い   309
継子と鳥   309
継子と鳥   309
兄弟の飯炊き競争   309−310
宝財布   310
半殺しと皆殺し   310−311
ばか婿   311
ばか婿   311−312
豆こ話   312
豆こ話   312
鬼のふんどし   313
小鳥と鳴き声   313−315
てんぽ比べ   315
染物屋のなぞ   315−316
元日の祝詞言い間違い   316−317
秋田のほら吹きど津軽のほら吹き   317
大蛇と僧の戦い   317−318
おぼさりてえの化け物   319−320
小僧コいいが   320−321
瓜姫コとあまのじゃく   321−322
絵姿女房   322−323
沼の中の宝物   323−325
和尚と小僧   325
屁ふり爺   325−326
狐に化かされた話   326−327
鷲のさらい子   327−328
小栗判官   329−330
子どもに助けられた継母   330−331
屁ふり爺コ   332−333
笠地蔵   333−334
親を買った話   334−335
姥捨て   335−337
和尚と小坊コ   337
鮭上る   338
水飴は毒   338−339
和尚と小坊コ   339−340
嫁ど婆の仲直り   340−341
豆の葉に念仏   341−342
雪娘   342−343
坊主ぁ地獄の先立ち   343−344
所変われば   344−345
枯木見舞   346−347
餅は化け物   348−349
尻尾の釣り   349−350
猿と蟹の寄合い田   350−352
古屋の漏り   352−353
三枚の護符   353−355
猫と南瓜   355
猫の踊り   356−357
狐にだまされた話   357−358
絵猫と鼠   359−360
蟹の恩返し   360−361
狸の恩返し   361−364
虻の恩返し   364−365
浴衣   365
漂流者の祟り   365−366
新病小屋の怪   366−367
山で迷う   367−368
馬になった男と六部   368−369
娘の機転   369−370
先夫を弔う尼   371−372
馬になった婆   372−373
手前田コの唄   373−374
一休の引導   374−375
右衛門の後生徳   375−376
飢渇から救われた田   376−377
尼になった姉妹   377−378
栄治ぁ十三   378
地獄極楽まんだら   380−381
駕籠担ぎ   381−382
葡萄皮の脛巾   382
田打ち   383
米食ったら戻る   384
堆肥の束   384−385
草刈り   385
鱈のざっぱ汁   385−386
庚申の祟り   386
弟の多助   386−387
馬が草くってる   387
左甚五郎の舟   387−388
こぼした酒   388
樽コ沢の狢   389
狢の話   389−390
豆殻太鼓   390−391
運のいい婿   392
福助足袋の丈夫なわけ   393
土用十八日あるわけ   393−395
阿波のお鶴   395−396
雀孝行   397
時鳥と小鍋   397
雲雀金貸し   397
蟬になった若者   398
腰を抜かした蝦   398−399
かちかち山   399−402
鬼婆ど小坊コ   402
飯食わねぇ嫁コ   403
尻のぞき   403−404
袋狐   405−406
袋狐   406−407
絵の猫と鼠   407−408
蛇婿入り   408−409
猿の婿さま   409−411
桃太郎   411−412
鼻たれ童子   413−414
生まれ代わり   414
まがした水   414−415
蛙になったぼた餅   415−416
蛙になったぼた餅   416−417
蛙になったぼた餅   417−418
蛙になったぼた餅   418
千子ど万子   418−420
蛙の恩返し   420−422
蛙の恩返し   422−424
ばがでも兄は兄   425−426
鼠穴さ転んだ団子   426−428
鼠穴さ転んだ豆コ   429−430
犬むかし   430−433
屁ふり爺コ   433−435
舌切り雀   435−436
弘法様と手拭い   436
大年の火   436−437
大年の火   437−438
娘の敵討ち   438−439
嫁と姑   440
婆の改心   440−441
十五夜に供物するわげ   441−442
閻魔の失敗   442−444
津軽の情張り殿様   444
銭湯屋の守り神   444−445
餅は金仏様   445−446
豆殼太鼓   446−447
にわか和尚   447−449
豆の粉とんだ話   450−451
聞かずの釣り人   451
そなだの物は我の物   451−452
女尻に目薬   452
大鈴ちがい   452−453
法事の使い   453−454
ばか婿のあいさつ   454−455
糸引き合図   455
馬の尻に埋木   455−456
馬の尻に板   456
結わえつけ枕   456−457
団子餅   457
どんぶせと寝ろ   457
橡の実   458
橡の実   458
蔵の中の蚊   458
蓮花田の弁天様   459
大歳の火   459−461
妹の首   461−463
鼻高箆   463−466
おぼさりてぇ   466−467
猫檀家   467−469
片目違い   469−470
嫁の輿に牛   470−473
狐に化かされた話   473−474
河童の話   474−475
コロポックル   475−477
瓜姫子   477−478
龍神様のお礼   478−480
運定め   480−481
餅は蛙   481−482
千子と万子   482−484
地蔵浄土   484−487
雁取り爺   487−490