サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
源氏物語の世界   3−16
桐壺帝と桐壺更衣   17−29
光源氏の王者性について   30−36
螢巻の物語論   37−53
播磨前司、明石の入道   54−69
玉鬘   70−93
もう一人の弘徽殿女御をめぐって   94−104
若菜上巻の一問題   105−122
若菜上巻、源氏のいう「罪もなしや」について   123−134
「あまりなる御思ひやりかな」について   135−142
召人について   143−165
蹴鞠の日   166−186
柏木の生と死   187−207
夕霧の物語について   208−211
「形代」としての浮舟   212−217
常陸介と左近少将   218−231
源氏物語世界の書について   232−254
源氏物語現代語訳の方法   255−285
源氏物語の現代語訳   286−297
源氏物語は悪文であるか   298−301
晶子古典現代語訳私見   302−311
武田宗俊『源氏物語の研究』   315−316
玉上琢弥『評釈源氏物語』   316−320
阿部秋生『源氏物語研究序説』上   320−321
今井源衛『源氏物語の研究』   321−323
村井順『源氏物語論』上   323−326
玉上琢弥『源氏物語評釈』第一巻   326−327
多屋頼俊『源氏物語の思想』   327−334
村井順『源氏物語論』下   334−336
藤村潔『源氏物語の構造』   336−338
重松信弘『源氏物語の仏教思想 仏教思想とその文芸的意義の研究』   339−340
玉上琢弥編 山本利達・石田穣二校訂『紫明抄 河海抄』   340−341
玉上琢弥『源氏物語評釈』   342−344
I・モリス『光源氏の世界』   345−348
円地文子『源氏物語』巻一   349−352
曽根豊祐『源氏物語女性群像』全十五巻   353−355
古田拡・高杉一郎・武田孝・松永巌『源氏物語の英訳の研究』   356−357
上坂信男『源氏物語の思惟・序説 古代物語の研究(続)』   358−359
大野晋・丸谷才一『光る源氏の物語』上・下   359−362
高橋和夫『『源氏物語』の創作過程』   362−366
阿久澤忠『源氏物語の語法と表現』   366−368
西村亨『知られざる源氏物語』   368−370
小嶋菜温子『源氏物語の性と生誕 王朝文化史論』   370−372
角田文衛『紫式部伝 その生涯と『源氏物語』』   372−374
池田節子・久富木原玲・小嶋菜温子編『源氏物語の歌と人物』   374−376