サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍看板・バナー改修(~8/31)

世界の神話・伝説・民話 ランキング

世界の神話・伝説・民話のランキングをご紹介します一覧を見る

収録作品一覧

シベリア神話の旅

シベリア神話の旅

  • 齋藤 君子(著)
作品 著者 ページ
シベリアの神話とはなにか   2−8
英雄叙事詩の中の神話   8−13
ニヴフ人の由来   16−17
熊は〈山の人〉   17−19
幹の下に瘤のある木   23
ガマガエルやトカゲの子を宿した姉妹   24−25
蛇男   25−26
海の魔物チハルル   26−27
魔物のキンスから逃げた女の子   30
火の玉になった魔物のキンシ   31
女狐のキャクフ   32−33
海の主ジュゴン   33−34
自分の体から魂が抜けだすのを見た男   36−38
森の主カルガマ   40−41
水の精霊プイムール、森の精霊カルガマ、天の龍ムドゥール   43−45
火の主ポジャ   47−48
怪鳥コリ   48−49
怪鳥コリから逃げた狩人   49−51
ソロン人のシャマン   51−54
洪水神話   58−62
天の川の由来   62−63
膣に歯が生えている娘   63−65
カラスの裁判   65−66
日本人の由来   66
オロチの由来   68
三つの太陽   70−71
人間の誕生   71−73
天の川の由来   74
兄と結婚した女   75−76
女シャマンと水中の娘   76
大熊座と小熊座の由来   77
怪鳥コリ   77−79
火の主になった仔熊   79−82
死の起源   82−83
自然の誕生   83−85
ヨーミンカ氏族と虎   85−86
大ワタリガラスとウサギ   89−91
ワタリガラスのクッキとその妻ミチ   96−99
アザラシにさらわれた女   103−104
鷲の玉手箱   105−106
お婆と孫息子   108−110
小鳥   110−114
海の主   114−118
異郷へ落ちた男   120−122
神隠し   122−123
さまよえる亡霊   123−125
不吉な知らせ   125−126
タイガの主を殺そうとした若者   127−131
婆さんのくれたみやげ   131−132
山の精霊   134−136
狩人と漁師の守護霊バイアナイ   137−140
春の嵐   141
家畜と子どもの守り神   141−142
大男   142−143
水の精霊シュリュキュン   143−147
悪霊のもとへ降りる   147−151
鷲はカンガラス人の神さま   152−154
鷲の福石   154−156
ワタリガラスはホリン人の神さま   156−157
樹上の棺   157−163
オイミャコンに天然痘がないわけ   164
一つ目の娘   166−168
毛むくじゃらの人びと   169−170
怪火   172−174
月の上の巨人マングィス   176−177
人食い   177−179
すばらしい夢   179−182
山の男に見染められた女   184
山の娘   186
山の精霊たちの道   187
火の主   188−189
魔物のムスマル   189−190
さまよう魂   191
語りの呪力   192−194
大地の創造   196−197
  197−198
月の黒斑のいわれ   198−200
テレス湖に浮かぶ小島   200−202
夜鳴き鳥   202−203
山羊女アルムィス   204−205
楽器を奏でるな   206−207
岩の裂け目に消えた赤軍の騎馬隊   207
山の怪   210−217
水の神   218−219
魔鳥   219−220
遊魂   220−221
死霊   221−222
水の精スグ・エエズィ   223
天然痘   223−224
  228−232
洪水   232−233
天神の息子   233−235
暖かい話   236−241
人が死ぬようになったわけ   241−243
森の主カイグシの嫁になった娘   243−246
リスの母カイグシ   247−248
人間に飼われた熊   248−250
カッコウの由来   250−251
クロテンの由来   251−252
白鳥の由来   253−254
いなくなったみなし児   254−255
母なる火   256−257
月のシャマン   262−263
太陽の娘たちと月   266−267
北風に嫁いだ娘   268−271
熊の由来   273
捨てられたユルタ   274−275
墓地と納屋   275−276
地下に残った男   277−279
語り爺   280−281
歌の精霊アルィフ・ルンク   284−285
大地の出現にまつわる聖なる物語(叙事詩の冒頭)   288−290
いかにして太陽と月を手に入れたか、いかにして地上に鳥や獣が現れたか   292−299
地上におりてきた月   299−300
六本脚のヘラジカ狩り(大熊座の由来)   301
死者の霊魂と出会った男   302−303
狩人小屋の怪   304−306
水の精ミス・ネ   307−308