サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

情報理論・情報科学 ランキング

情報理論・情報科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

収録作品一覧

ソフトウェア工学の基礎 18 日本ソフトウェア科学会FOSE 2011

ソフトウェア工学の基礎 18 日本ソフトウェア科学会FOSE 2011 (レクチャーノート/ソフトウェア学)

  • 門田 暁人(編)/ 上野 秀剛(編)/ 武市 正人(編集委員)/ 米澤 明憲(編集委員)
作品 著者 ページ
「ソースコード天国」実現に向けて 大和正武 著 1−10
SMTベースのCOPデバッグ支援 内尾静 著 11−20
コンパイル方式によるXQuery問い合わせプログラム生成方法 蜂巣吉成 ほか著 21−30
実行時エラー時に変数の推移情報を表示するJava仮想マシンの提案 星孝一郎 著 31−40
シナリオ差分に基づくシナリオ検索支援手法 吉田裕作 著 41−50
Ajaxアプリケーションを対象としたラウンドトリップエンジニアリング支援手法 林千博 著 51−60
ソースコード編集履歴のリファクタリング手法 林晋平 ほか著 61−70
ソースコード差分のレビューにおけるレビューアの理解度の実験的評価 田口雅裕 著 71−80
OSS開発におけるコミッター選出のための開発者の活動量に関する実証的分析 伊原彰紀 ほか著 81−90
統一ソーシャルグラフモデルの提案とSNSへの適用評価 青山幹雄 著 91−96
ソフトウェアモデル間のスケーラブルな整合化戦略について 岸知二 著 97−102
組込みシステムのリソースモデルからUPPAAL時間オートマトンへの変換手法 小野康一 ほか著 103−108
モデル検査のためのオブジェクト制約言語を用いた外部環境モデルの構築のための考察 吉池弘樹 ほか著 109−114
DCWeaver:動的なWebコンテンツを考慮したアスペクト指向言語の設計と実装 永島康平 著 115−120
プログラム理解支援を目的とした編集操作スライスとその再生 丸山勝久 ほか著 121−126
スタンドアロンソフトウェアを発展させた分散システムにおけるオブジェクト配置制御法 神田翔太 著 127−132
ミラーリング可能な分散オブジェクトシステムの重複メソッド呼び出し問題とその解決法 山ノ内健 著 133−138
非機能特性を考慮した自己適応システムの動的再構成手法の提案 堀越永幸 ほか著 139−144
情報制御システム記述言語による列車運行制御モデルの記述と検証 小飼敬 ほか著 145−150
時間論理で記述された仕様からのプログラム自動抽出による組み込みシステム構成手法 新井貴大 ほか著 151−156
Support for Generating UML Class Diagrams and OCL Constraints from KAOS Model Sombat Chanvilai ほか著 157−162
呼び出し関係を用いた単体テストおよび静的検査の可視化手法の改善とその評価 武藤祐子 著 163−168
業務アプリケーションの結合テストでの回帰テスト選択手法 前田芳晴 ほか著 169−174
保守性向上へ向けた設計モデルとソースコード間のトレーサビリティ解析 伊藤弘毅 ほか著 175−180
設計段階における抽象度を考慮したソフトウェアの保守性評価枠組み 志水理哉 ほか著 181−186
Minimal Unsatisfiable Core列挙によるプログラムの準最弱な事前条件推定 今井健男 著 187−196
論理的制約条件付き0−1計画問題として定式化した重点レビュー対象モジュールの選択 阿萬裕久 著 197−206
組込みシステムのアーキテクチャー検討における非機能要求の評価に適したモデル変換手法 河原亮 ほか著 207−212
出現単語の上位語,下位語を用いたソフトウェアドキュメントの抽象度定量化 森崎修司 著 213−218
設計・実装視点からの要求分析モデルの品質評価を目的としたシステム開発実験 小形真平 著 219−224
ユーザ・ベンダによるソフトウェア要件合意形成プロセスにおけるユーザ発言の自動分類 戸田航史 ほか著 225−230
リポジトリマイニング技術共有のためのサービス指向フレームワーク 松本真佑 著 231−236
不具合管理パターンが不具合修正に与える影響の分析 大平雅雄 ほか著 237−242
プログラム解析技術のサービス化の試み 桑原寛明 著 243−248
カスタムソフトの価格妥当性確認に向けた分析 角田雅照 ほか著 249−254
プロジェクトの可視化に基づくPBL指導支援 福安直樹 著 255−256
モデル検査技術を用いた性能最適化手法の提案 長野岳彦 著 257−258
GPUを利用したポインタ解析の実装と評価 深谷敏邦 著 259−260