サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

最新言語理論を英語教育に活用する

最新言語理論を英語教育に活用する

  • 藤田 耕司(編)/ 松本 マスミ(編)/ 児玉 一宏(編)/ 谷口 一美(編)
作品 著者 ページ
句構造の重要性 中村捷 著 2−11
学習者の誤用を言語学的に説明する試み 西光義弘 著 12−22
言語学の知見を学校英語教育に活用するということ 有働眞理子 著 24−33
比較音韻論を聴き取り・発音教育に活用する 奥聡 著 34−43
音声学・音韻論が英語教育に与える示唆 田嶋圭一 著 44−52
映画で見つけるNative特有の英語表現と言語学的分析 小谷早稚江 著 53−62
語の構成を考える 島田雅晴 著 63−71
制限的関係詞節の先行詞には必ずtheを付けなければならないのか 石田秀雄 著 74−83
総称文と冠詞 藏藤健雄 著 84−93
日本人英語学習者による冠詞の習得 山田一美 著 94−107
英語の裸複数形の総称的用法の習得に向けて 田中英理 著 108−118
数量表現の作用域 本間伸輔 著 119−129
再構築方略について 寺田寛 著 130−141
代名詞照応と英文法教育 安原和也 著 142−152
メタファーと再帰代名詞 吉村公宏 著 153−164
英語前置詞と英語教育 奥野忠徳 著 166−175
学習に有効なイメージ・スキーマと多義ネットワークの構築にむけて 谷口一美 著 176−187
前置詞をどう位置づけるか 梅原大輔 著 188−198
英語教育における認知図式の利用とその効果 深田智 著 199−209
「とがめ文」の統語構造 畠山雄二 著 210−220
How Manyの疑問文習得に関する一考察 宮本陽一 著 221−232
動詞句の存在とその内と外 金子義明 著 234−243
項と付加詞の統語的区別の重要性 畠山雄二 著 244−253
「見えない箱」を用いた動詞と助動詞の説明について 大門正幸 著 254−264
英語史における動詞移動の変遷と屈折の豊かさについて 柳朋宏 著 265−276
描写述語構文 都築雅子 著 277−289
時制の一致現象と埋め込み文の時制解釈 楠本紀代美 著 290−299
英語の「未来」の文法 和田尚明 著 300−310
結果構文と動詞小辞構文の統語的分析とその英語教育への応用 小川芳樹 著 311−322
サテライト・フレーム言語と動詞フレーム言語 小野尚之 著 323−335
ナル動詞と英語教育 遊佐典昭 著 336−347
生成文法による中間構文の分析が英語教育に対して果たす役割 松本マスミ 著 350−360
With構文の構造とその汎用性 本田謙介 著 361−371
Way構文の動詞の特性 田中江扶 著 372−382
指令表現の選び方 高橋英光 著 383−393
認知言語学からみた受動態 米倉よう子 著 394−402
構文交替研究と書き換え指導への活用 児玉一宏 著 403−413
STORYスキーマを活性化させる英語教育 宮浦国江 著 414−423
言語理論を生かしたCALLのコンテンツ開発 大谷直輝 著 424−439
英語におけるアスペクト動詞と補文構造 児玉富美子 著 440−451
前置詞句と補文の交替,およびその英語教育への活用 菊地朗 著 452−461
コントロール構文の理論的分析と英語教育への活用 藤田耕司 著 462−473