サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

英語 ランキング

英語のランキングをご紹介します一覧を見る

収録作品一覧

ことばとこころの探求

ことばとこころの探求

  • 大橋 浩(編)/ 久保 智之(編)/ 西岡 宣明(編)/ 宗正 佳啓(編)/ 村尾 治彦(編)
作品 著者 ページ
Genitive of Dependent Tense in Japanese and Genitive of Negation in Slavic Shigeru Miyagawa 著 1−25
二重目的語構文と多重wh疑問文 大庭幸男 著 26−43
日常言語におけるレトリックの複合性 山梨正明 著 44−60
構造依存性と刺激の貧困 遊佐典昭 著 61−74
主要部が音形を欠く名詞句表現をめぐって 今西典子 著 75−93
Lateral Dissimilation in Modern Uyghur Tomoyuki Kubo 著 94−105
Modal Asymmetry Akira Hiroe 著 106−118
Some Notes on the Classifier Phrase Hypothesis Tomio Hirose 著 119−132
Wh‐Q Dependency in Mandarin Chinese Pei‐Ling Hsu 著 133−147
比較構文におけるd変項束縛と島の制約 稲田俊一郎 著 148−162
(不)定名詞句の内部構造について 増冨和浩 著 163−176
Wh素性の浸透とwh作用域 宗正佳啓 著 177−189
否定文とA移動の再構築現象 西岡宣明 著 190−204
The Phase‐based Approach to Adjunct Island Phenomena Hiroyoshi Tanaka 著 205−220
ダケの解釈とAGRoP分析再考 上山あゆみ 著 221−234
長距離優位効果を制約する介在節の定型性について 山本将司 著 235−248
定性の区別と幼児文法における機能範疇Tについて 團迫雅彦 著 249−257
文脈による理解促進効果再考 水本豪 著 258−265
ガ格三連続文の処理における有生性の影響について 坂本勉 著 266−277
英語の分裂文の焦点位置に生じる要素についての再考察 安藤裕介 著 278−291
与格構文の事象構造における2つのタイプの複合形態について 迫由紀子 著 292−305
挿入節と話法 古賀恵介 著 306−319
認知構文論による日英語の構文ネットワーク構造の分析 村尾治彦 著 320−333
カテゴリー化を促す2種のベクトル 山田仁子 著 334−346
英語のV‐ingとMiddle Welsh Verbal Noun 樋口万里子 著 347−362
To Convince Someone To Do Something in Present‐Day American English Yoko Iyeiri 著 363−376
初期近代英語の二重目的語構文に見る構文的特性 松元浩一 著 377−390
強意副詞big timeの発達 大橋浩 著 391−404