サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

収録作品一覧

豊饒の日本美術 小林忠先生古稀記念論集

豊饒の日本美術 小林忠先生古稀記念論集

  • 小林忠先生古稀記念会(編)
作品 著者 ページ
図版編 シヤルル・ルトウルノ 著 9−92
メディアとしての江戸絵画 藤澤紫 著 96−101
「見返り美人図」が語るもの 内田欽三 著 102−107
肉筆専科の浮世絵師 稲墻朋子 著 108−113
重ねられるイメージ 田辺昌子 著 114−119
鈴木春信の水絵 松村真佐子 著 120−125
竹久夢二と浮世絵 谷口朋子 著 126−131
品定めと吉原幻影 ジュリー・ネルソン・デイヴィス 著 132
継続と変革 モニカ・ヒンケル 著 132
池大雅の作品にみる詩画の関係 小林優子 著 134−139
近世絵画史研究と「雅・俗」 吉田洋子 著 140−145
鸚鵡と美女 今橋理子 著 146−152
浮世絵における源氏絵成立の背景 阿美古理恵 著 153−157
絵巻表現の多義性 池田洋子 著 158−163
絵画においての「禅人機能」(Zen Subject Position) ユキオ・リピット 著 164
北斎筆「百人一首うばがゑとき」 エバ・マホトカ 著 164−165
浮世絵と遊里案内記 ヘレン・ミツ・ナガタ 著 165
〈奇想〉の交響 廣海伸彦 著 168−173
北斎漫画 神谷浩 著 174−179
北斎の戯画に関する一考察 高杉志緒 著 180−185
幕末の血みどろ絵 庵原理絵子 著 186−191
頭蓋骨・時計・難破船 タイモン・スクリーチ 著 192−197
英一蝶にみる視覚的ユーモア ミリアム・ワトルズ 著 198
国芳と「狂画」 ティモシー・クラーク 著 198
宮本武蔵の伝説化 加藤陽介 著 200−206
朝鮮王朝絵画と室町水墨画 郭在祐 著 207−211
南蛮屛風と初期洋風画 成澤勝嗣 著 212−217
「風神雷神図屛風」をめぐる物語 内藤正人 著 218−223
伊藤若冲の動植綵絵 山口真理子 著 224−229
近世の名所絵 大橋美織 著 230−235
橋本雅邦と水墨山水 折井貴恵 著 236−241
安田靫彦筆「神農」について 家田奈穂 著 242−247
広告に描かれた女性 ジュリア・セイピン 著 248
長澤蘆雪「海浜奇勝図屛風」考 マシュー・マッケルウェイ 著 248
都市江戸の絵画化と隅田川 我妻直美 著 250−255
上方の風俗画 山本ゆかり 著 256−261
江戸琳派の成立 岡野智子 著 262−267
池大雅と立原杏所の理想郷 出光佐千子 著 268−273
地方の文人画家 近藤壮 著 274−279
山梨の絵画 平林彰 著 280−285
「横浜浮世絵」とは何か? 桑山童奈 著 286−291
近代画家にとっての東アジア 天野一夫 著 292−298
十八世紀における江戸と上方の交流 エリザベッタ・ペリーニ 著 298
中世の仏画 藤元裕二 著 300−305
聖地の表象にみるジェンダー 水野僚子 著 306−311
「阿字義絵」の冷泉為恭への伝来をめぐって 成原有貴 著 312−317
寛政度賢聖障子における「負文亀」の復興をめぐって 鎌田純子 著 318−323
徳川将軍と日光山の仏画 松島仁 著 324−329
大名絵師の家格戦略 福田道宏 著 330−335
大名の美術 三宅秀和 著 336−341
徳川慶喜の書画 吉田恵理 著 342−347
仏像と日本近代彫刻 毛利伊知郎 著 348−353
「青不動」画の再考察 カレン・マック 著 354
日本の書の造形意識と遊戯性について 笠嶋忠幸 著 356−361
近世の日本人と唐筆 村田隆志 著 362−367
暮らしと工芸 野場喜子 著 368−372
酒壺考 荒川正明 著 373−377
能楽の装束 正田夏子 著 378−383
小川破笠作「玄宗楊貴妃図料紙箱・西施図硯箱」について 小林祐子 著 384−389
六樹園の書 ジョン・カーペンター 著 390
大英博物館所蔵アンダーソン・コレクションの可能性 彬子女王 著 392−397
亀岡規礼の描絵小袖 樋口一貴 著 398−403
住友春翠の茶会と道具 両角かほる 著 404−407
原三溪と細川護立の美術蒐集 三上美和 著 408−413
日本の浮世絵コレクターたち 日野原健司 著 414−419
アンリ・リヴィエール旧蔵浮世絵コレクション 藤村忠範 著 420−425
コレクションと共に半世紀近く プライス・エツコ 著 426−429
ノリッチの日本美術 ニコル・クリッジ・ルマニエール 著 430
公立美術館の諸問題 松尾知子 著 432−437
美術館における作品の種別 加藤弘子 著 438−443
教育普及活動は地域における美術館存続の切り札になるか!? 富田智子 著 444−449
地域社会における美術館の役割について 瀬川智恵 著 450−455
日中交流展 金靖之 著 456−461
大学における博物館学教育 菅原真弓 著 462−467