サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
民部卿家歌合   21
寛平御時菊合   21−22
是貞親王家歌合   22−23
寛平御時后宮歌合   23−27
寛平御時中宮歌合   27−28
亭子院女郎花合   28−29
宇多院歌合   29
左兵衛佐定文歌合   30
本院左大臣家歌合   31
亭子院歌合   31−33
陽成院歌合   33−34
陽成院歌合   34−35
内裏菊合   35
亭子院殿上人歌合   36
京極御息所歌合   36−38
論春秋歌合 黒主 詠 38−39
保明親王帯刀陣歌合   39
醍醐御時菊合   40
東院前栽合   40−41
近江御息所歌合   41
陽成院親王二人歌合 元良親王 著 42
陽成院一親王姫君達歌合   43
内裏歌合   44
麗景殿女御歌合   44
宣耀殿女御瞿麦合   45
坊城右大臣殿歌合   45
蔵人所歌合   46
内裏歌合   46−50
内裏歌合   50−51
河原院歌合   51
宰相中将君達春秋歌合   52−54
源順馬名歌合 源順 詠・判 54
内裏前栽合   55
女四宮歌合   56−58
円融院扇合   58−59
堀河中納言家歌合   59
一条大納言家歌合   60
一条大納言家石名取歌合   60
三条左大臣殿前栽歌合   60−62
小野宮右衛門督君達歌合   62−63
謎歌合   63
光昭少将家歌合   64
内裏歌合   64
内裏歌合   64−65
皇太后宮歌合   65−66
蔵人頭家歌合   66
帯刀陣歌合   66−67
花山院歌合   67
春夜詠二首歌合   68
四季恋三首歌合   68
左大臣家歌合   69
前十五番歌合 藤原公任 撰 70
後十五番歌合   70−71
東宮学士義忠歌合   71−72
上東門院菊合   72−73
賀陽院水閣歌合   73−75
源大納言家歌合   75−76
源大納言家歌合   76
斎宮貝合   77−78
弘徽殿女御歌合   78−79
源大納言家歌合   79
源大納言家歌合   80
六条斎院歌合   80
内裏歌合   80−81
六条斎院歌合   81−82
六条斎院歌合   82
前麗景殿女御歌合   83
六条斎院歌合   84
祐子内親王家歌合   84−85
六条斎院歌合   86
内裏根合   87
関白殿蔵人所歌合   87−88
越中守頼家歌合   88
左京大夫八条山庄障子絵合   89
播磨守兼房朝臣歌合   90
太宰大弐資通卿家歌合   90−91
六条斎院歌合   91
六条斎院歌合   92
或所歌合   92−93
皇后宮春秋歌合   93−95
六条右大臣家歌合   95
六条斎院歌合   96
六条斎院歌合   96
六条斎院歌合   97
六条斎院歌合   97−98
六条斎院歌合   98
六条斎院歌合   99
丹後守公基朝臣歌合   99
無動寺和尚賢聖院歌合   100
丹後守公基朝臣歌合   100−101
【バイ】子内親王桜柳歌合   101
【バイ】子内親王家歌合   101−102
【バイ】子内親王家歌合   102
皇后宮歌合   103
滝口本所歌合   103−104
【バイ】子内親王家歌合   104
備中守定綱朝臣家歌合   104−105
【バイ】子内親王家歌合   105−106
【バイ】子内親王家歌合   106
西国受領歌合   107
【バイ】子内親王家歌合   108
気多宮歌合   108
或所紅葉歌合   109
摂津守有綱家歌合   109
殿上歌合   110
前右衛門佐経仲歌合   110
讃岐守顕季家歌合   111
内裏歌合   111−113
内裏後番歌合   114
【バイ】子内親王家歌合   115
庚申夜歌合   115−116
出雲守経仲歌合   116
多武峰往生院千世君歌合   117
後三条院四宮侍所歌合   117
【テイ】子内親王家歌合   118
若狭守通宗朝臣女子達歌合   118−119
四条宮扇歌合   120
左近権中将藤原宗通朝臣歌合   120−121
従二位親子歌合   122
郁芳門院根合   123−124
高陽院七番歌合   124−128
権大納言家歌合   129
中宮権大夫家歌合   129−130
左兵衛佐師時家歌合   130−131
東塔東谷歌合   131−132
源宰相中将家和歌合   132−135
備中守仲実朝臣女子根合   136
堀河院艶書合   137−138
散位源広綱朝臣歌合   138−139
散位源広綱朝臣歌合   139−140
左近権中将俊忠朝臣家歌合   140−141
俊頼朝臣女子達歌合   141−142
山家五番歌合   142−143
内大臣家歌合   144
内大臣家後度歌合   144
鳥羽殿北面歌合   145−146
六条宰相家歌合   146−147
雲居寺結縁経後宴歌合   147−149
新中将家歌合   149−150
右兵衛督家歌合   150−151
内大臣家歌合   151−156
内大臣家歌合   156−157
内大臣家歌合   157−161
内蔵頭長実白河家歌合   162
内蔵頭長実家歌合   162−163
関白内大臣歌合   163−167
永縁奈良房歌合   168−171
摂政左大臣家歌合   171−172
西宮歌合   172−174
南宮歌合   174−175
住吉歌合   175−176
殿上蔵人歌合   176−177
相撲立詩歌合 基俊 撰進 177−178
中宮亮顕輔家歌合   178−181
右衛門督家歌合   181−184
太皇太后宮大進清輔朝臣家歌合   185−186
中宮亮重家朝臣家歌合   187−194
太皇太后宮亮平経盛朝臣家歌合   194−199
実国家歌合   199−203
住吉社歌合   203−210
建春門院北面歌合   210−213
広田社歌合   213−220
三井寺新羅社歌合   221−224
右大臣家歌合   224−226
治承三十六人歌合   227−234
俊成三十六人歌合 藤原俊成 編 234−236
別雷社歌合   236−243
廿二番歌合   243−245
右大臣家歌合   246−249
三井寺山家歌合   249−251
歌合   252−258
御裳濯河歌合 西行 著 259−261
宮河歌合 西行 著 262−264
若宮社歌合   265−270
六百番歌合   270−324
民部卿家歌合   324−333
慈鎮和尚自歌合 慈円 詠 333−340
後京極殿御自歌合 藤原良経 詠 341−347
院当座歌合   347−348
院当座歌合   349−350
仙洞十人歌合   350−353
石清水若宮歌合   353−363
三百六十番歌合   363−379
老若五十首歌合   379−389
通親亭影供歌合   389−391
新宮撰歌合   391−394
鳥羽殿影供歌合   394−395
和歌所影供歌合   395−400
撰歌合   400−403
和歌所影供歌合   403−404
石清水社歌合   404−405
仙洞影供歌合   406−407
水無瀬釣殿当座六首歌合   408
水無瀬恋十五首歌合   408−414
若宮撰歌合   414−415
水無瀬桜宮十五番歌合   415−416
千五百番歌合   417−514
影供歌合   514−516
八幡若宮撰歌合   517−518
石清水若宮歌合   518−519
北野宮歌合   519−520
春日社歌合   520−523
元久詩歌合   523−526
卿相侍臣歌合   526−528
鴨御祖社歌合   528−529
賀茂別雷社歌合   529−530
内裏詩歌合   530−532
内裏歌合   533
内裏歌合   534−535
内裏歌合   535−540
月卿雲客妬歌合   540−542
院四十五番歌合   542−545
内裏百番歌合   546−552
右大臣家歌合   552−554
冬題歌合   554−558
定家卿百番自歌合 藤原定家 自撰 558−562
家隆卿百番自歌合 藤原家隆 著 562−566
内裏百番歌合   566−572
後鳥羽院自歌合 後鳥羽院 詠 572−573
石清水若宮歌合   574−577
光明峰寺摂政家歌合   577−583
名所月歌合   584−586
時代不同歌合 後鳥羽院 撰 586−592
遠島御歌合   592−598
定家家隆両卿撰歌合 後鳥羽院 撰 598−600
河合社歌合   600−602
春日若宮社歌合   602−605
院御歌合   605−615
影供歌合   615−628
百首歌合   628−674
三十六人大歌合   675−679
歌合   679−681
歌合   682−686
亀山殿五首歌合   687−692
新時代不同歌合 藤原基家 撰 693−697
摂政家月十首歌合   697−703
仙洞五十番歌合   704−707
歌合   707−709
永福門院百番自歌合 永福門院 詠 709−713
院六首歌合   713−716
光厳院三十六番歌合   716−718
年中行事歌合   719−725
新玉津島社歌合   726−730
南朝五百番歌合   730−753
餅酒歌合   754−755
内裏九十番歌合   755−759
前摂政家歌合   760−781
和歌一字抄 藤原清輔 著 785−809
物語二百番歌合 藤原定家 撰 810−823
風葉和歌集   823−863
秘蔵抄   863−870
蔵玉集   870−876
紀師匠曲水宴和歌   876−877
日本紀竟宴和歌   877−884
万寿元年高陽院行幸和歌   884−885
嘉応元年宇治別業和歌   885
暮春白河尚歯会和歌 藤原清輔 著 886−887
文治六年女御入内和歌   887−894
三体和歌   894−895
新古今竟宴和歌   895
最勝四天王院和歌   896−905
寛喜女御入内和歌   905−906
続古今竟宴和歌   906−907
和歌体十種   907−908
和歌十体   908−909
三十人撰   909−910
三十六人撰 藤原公任 撰 911−912
深窓秘抄 藤原公任 撰 913−914
九品和歌 藤原公任 撰 915
後六々撰 藤原範兼 撰 915−917
歌仙落書   917−920
中古六歌仙   921−925
続歌仙落書   925−929
秀歌大体   929−930
百人秀歌 藤原定家 撰 931−932
百人一首   933−934
定家十体   935−940
自讃歌   940−943
未来記   943
雨中吟   944
歌経標式 藤原浜成 作 945
倭歌作式   946
和歌式   946
石見女式   947
新撰髄脳 藤原公任 作 947
能因歌枕 能因 作 947
類聚証   948
難後拾遺抄   949−950
隆源口伝 隆源 作 951
新撰和歌髄脳   952
俊頼髄脳 源俊頼 作 952−959
綺語抄 藤原仲実 作 960−970
和歌童蒙抄 藤原範兼 作 970−992
奥儀抄 藤原清輔 作 992−1001
袋草紙 藤原清輔 作 1001−1016
和歌初学抄 藤原清輔 作 1016−1019
万葉集時代難事 顕昭 作 1019−1020
柿本人麻呂勘文 顕昭 作 1021−1022
袖中抄 顕昭 作 1022−1039
六百番陳状 顕昭 作 1040−1043
古来風体抄 釈阿 作 1043−1054
和歌色葉 上覚 作 1054−1061
無名抄 鴨長明 作 1061−1062
瑩玉集   1063
後鳥羽天皇御口伝 後鳥羽天皇 作 1063
西行上人談抄 蓮阿 筆録 1063−1064
近代秀歌 藤原定家 作 1064−1066
詠歌大概 藤原定家 作 1066−1067
先達物語 藤原長綱 筆録 1067
定家物語   1068
八雲御抄 順徳院 作 1068−1073
越部禅尼消息 俊成卿女 作 1073
簸河上 藤原光俊 作 1073
詠歌一体 藤原為家 作 1074
追加 慶融 作 1074
夜の鶴 阿仏尼 作 1075
為兼卿和歌抄 京極為兼 作 1075
野守鏡   1075−1076
和歌口伝 源承 作 1076−1082
竹園抄   1082−1083
代集   1083
延慶両卿訴陳状 二条為世 作 1083
歌苑連署事書   1084
和歌庭訓 二条為世 作 1085
和歌用意条々   1085−1086
愚見抄   1086
愚秘抄   1087
三五記   1087−1091
桐火桶   1092−1094
和歌肝要   1095
和歌大綱   1095
悦目抄   1095−1097
和歌無底抄   1097−1098
和歌口伝抄   1098
井蛙抄 頓阿 作 1098−1108
愚問賢注 二条良基 問 1108−1109
梵灯庵袖下集 梵灯 作 1109−1110
近来風体抄 二条良基 作 1111
耕雲口伝 花山院長親 作 1111
二言抄 今川了俊 作 1112−1113
了俊一子伝 今川了俊 作 1113
落書露顕 今川了俊 作 1114−1115
正徹物語 正徹 談話筆録 1115−1117
東野州聞書 東常縁 作 1117−1120
心敬私語 心敬 作 1121−1126
兼載雑談 猪苗代兼載 作 1126−1129
古事記 太安麻呂 撰 1129−1133
日本書紀   1133−1138
続日本紀   1138
日本後紀   1139
続日本後紀 藤原良房 ほか撰 1139−1140
日本三代実録 藤原時平 ほか撰 1140
風土記   1141
栄花物語   1142−1154
大鏡   1155−1157
今鏡 藤原為経 作 1157−1161
水鏡   1161
増鏡   1161−1166
保元物語   1166
平治物語   1167
平家物語   1167−1170
平家物語   1171−1178
源平盛衰記   1178−1185
承久記   1185−1186
承久記   1186
六代勝事記   1187
太平記   1187−1190
曾我物語   1191−1192
曾我物語   1193−1194
義経記   1194−1195
日本霊異記 景戒 作 1195
三宝絵 源為憲 作 1196
江談抄   1196−1199
今昔物語集   1200−1204
古本説話集   1204−1206
宝物集 平康頼 作 1207−1218
発心集 鴨長明 作 1218−1219
古事談 源顕兼 作 1219−1221
続古事談   1221−1222
宇治拾遺物語   1222−1223
世継物語   1223−1224
今物語 藤原信実 作 1225−1226
十訓抄   1226−1230
古今著聞集 橘成季 作 1231−1240
撰集抄   1240−1243
西行物語   1243−1247
西行物語   1248−1249
沙石集 無住 作 1249−1254
土左日記 紀貫之 作 1255−1256
蜻蛉日記 藤原道綱母 作 1256−1261
枕草子 清少納言 作 1262
紫式部日記 紫式部 作 1263
和泉式部日記 和泉式部 著 1263−1266
更級日記 菅原孝標女 作 1266−1268
讃岐典侍日記 讃岐典侍 作 1268−1269
高倉院厳島御幸記 源通親 作 1269
高倉院昇霞記 源通親 作 1269−1272
建春門院中納言日記 建春門院中納言 作 1273
源家長日記 源家長 作 1273−1277
海道記   1278−1279
東関紀行   1279−1280
うたたね 阿仏 作 1281
弁内侍日記 後深草院弁内侍 作 1281−1287
無名の記 飛鳥井雅有 作 1287−1288
嵯峨の通ひ路 飛鳥井雅有 作 1288
最上の河路 飛鳥井雅有 作 1289
都路の別れ 飛鳥井雅有 作 1289−1290
春の深山路 飛鳥井雅有 作 1290−1291
十六夜日記 阿仏 作 1292−1294
中務内侍日記 伏見院中務内侍 作 1295−1298
とはずがたり 後深草院二条 作 1298−1301
徒然草 吉田兼好 著 1301
竹むきが記 竹向 作 1302−1303
竹取物語   1303
伊勢物語   1303−1309
大和物語   1310−1317
平中物語   1318−1321
多武峰少将物語   1321−1323
宇津保物語   1323−1342
落窪物語   1343−1344
源氏物語 紫式部 作 1344−1359
夜の寝覚   1360−1361
浜松中納言物語   1361−1364
狭衣物語 源頼国女 作 1364−1368
堤中納言物語   1368−1369
とりかへばや物語   1370−1371
住吉物語   1371−1372
住吉物語   1372−1374
山路の露   1375
有明の別れ   1375−1377
松浦宮物語   1377−1378
浅茅が露   1379
風につれなき物語   1379−1380
石清水物語   1380−1381
言はで忍ぶ   1381−1387
苔の衣   1387−1389
我が身にたどる姫君   1389−1392
しのびね物語   1392−1393
兵部卿物語   1393
恋路ゆかしき大将   1393−1395
小夜衣   1395−1396
木幡の時雨   1397
唐物語   1397−1398
無名草子   1398−1400