サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
為家千首 藤原為家 著 15−24
耕雲千首 耕雲 作 24−44
宗良親王千首 宗良親王 著 44−63
師兼千首 藤原師兼 作 64−82
長慶天皇千首 長慶天皇 作 82−86
俊成五社百首   87−96
為家五社百首   97−108
安嘉門院四条五百首 安嘉門院四条 作 108−118
宗尊親王三百首   118−123
法門百首 寂然 著 124−131
登蓮恋百首 登蓮 作 132−133
俊成祇園百首 俊成 著 133−135
公衡百首 藤原公衡 作 135−136
寂蓮無題百首 寂蓮 著 137
寂蓮結題百首 寂蓮 著 138−139
朗詠百首 藤原隆房 作 140−142
忠信百首   142
道家百首   143−144
後鳥羽院遠島百首 後鳥羽院 詠 144−145
土御門院百首 土御門院 詠進 145−148
順徳院百首 順徳院 詠出 149−151
長綱百首 藤原長綱 詠 151−154
祐茂百首   154−156
為家一夜百首   156−158
実兼百首   158−159
為兼鹿百首 京極為兼 詠 160−161
後二条院百首 後二条天皇 詠 162−163
国冬百首 津守国冬 作 164−165
国冬祈雨百首 津守国冬 著 166−167
国道百首   168−169
資広百首 藤原資広 作 170−171
一宮百首   171−173
尊円親王詠法華経百首 尊円親王 詠 173−175
尊円親王百首   175−176
徽安門院一条集   177
等持院百首 足利尊氏 詠 178−179
後普光園院百首 二条良基 作 179−180
頓阿百首A   181−182
頓阿百首B   183−184
頓阿句題百首   184−193
宝篋院百首 足利義詮 詠 194−196
慶運百首 慶運 著 196−198
耕雲百首   198−199
雲窓【ショウ】語 耕雲 著 200−202
南都百首 一条兼良 作 202−204
世中百首 荒木田守武 詠 204−205
定家名号七十首 藤原定家 詠 206
七夕七十首 藤原為理 作 207−208
国冬五十首 津守国冬 作 208−209
尊円親王五十首   209−210
尚賢五十首 大江尚賢 作 210−211
延明神主和歌 度会延明 詠 212
頓阿五十首   213−214
山家三番歌合   215
通具俊成卿女歌合   215−216
三十六番相撲立詩歌 藤原良経 著 217−218
御室撰歌合   218−222
内裏歌合   223
歌合   224
歌合   224−225
禁裏歌合   225−226
月卿雲客妬歌合   226−227
歌合   227−229
歌合   230−232
歌合   232−233
右大将家歌合   233
四十番歌合   234−236
歌合   236−237
歌合   238−239
日吉社大宮歌合   239−240
日吉社十禅師歌合   240−241
日吉社撰歌合   241−243
日吉社知家自歌合 藤原知家 著 243−244
閑窓撰歌合 藤原信実 共撰 245−246
宗尊親王百五十番歌合   247−254
住吉社歌合   254−256
玉津島歌合   256−257
住吉社三十五番歌合   258−259
十五番歌合   260
和漢名所詩歌合 藤原基家 詠 261−264
歌合   264−265
伝伏見院宸筆判詞歌合   266
伊勢新名所絵歌合   266−270
歌合   270−272
歌合   272−273
五種歌合   273−275
三十番歌合   275−278
金玉歌合 伏見院 著 278−280
歌合   280−281
為兼家歌合   281−282
二十番歌合   283−284
歌合   284−286
後二条院歌合   287−288
永福門院歌合   288−289
歌合   289−290
十五番歌合   290−291
歌合   291
詩歌合   292−295
外宮北御門歌合   295−299
石清水社歌合   299−301
比叡社歌合   301−305
源氏物語歌合   305−311
持明院殿御歌合   311−313
持明院殿御歌合   313−314
五十四番詩歌合   315−317
三十番歌合   317−318
歌合   319−320
守遍詩歌合   320−322
百番歌合   322−324
仙洞歌合   324−327
南朝三百番歌合   327−331
頓阿勝負付歌合   332−333
三十番歌合   334−335
詩歌合   336−339
仙洞歌合   339−347
武家歌合   348−349
武州江戸歌合   349−350
将軍家歌合   350−356
歌合   356−364
内裏歌合   365−368
内裏歌合   369−371
三十六人歌合   371−372
新三十六人撰   372−376
女房三十六人歌合   377−378
釈教三十六人歌合 栄海 撰 378−379
集外三十六歌仙   380
東北院職人歌合   381
東北院職人歌合   382−383
鶴岡放生会職人歌合   384−385
三十二番職人歌合   385−389
七十一番職人歌合   389−398
宝篋印陀羅尼経料紙和歌   401−402
一品経和歌懐紙   402−403
熊野懐紙   403−406
建仁元年十首和歌   406−408
建保六年八月中殿御会   408−409
道助法親王家五十首   409−421
詠十首和歌   421−423
宝治元年後嵯峨院詠翫花和歌   424
二十八品並九品詩歌   424−426
正嘉三年北山行幸和歌   426−427
弘長三年二月十四日亀山殿御会   427−428
白河殿七百首   428−441
現存卅六人詩歌 藤原資宣 撰 442−443
正応二年三月和歌御会   443−444
正応三年九月十三夜歌会歌   444−445
正応五年厳島社頭和歌   445−446
永仁元年内裏御会   446−447
詠五十首和歌   448
和歌詠草   449−450
花十首寄書   450−452
正和四年詠法華経和歌   452−455
元応二年八月十五夜月十首   455−456
亀山殿七百首   456−470
正中三年禁庭御会和歌   470
北野宝前和歌   471−472
元徳二年七夕御会   472−474
元徳二年八月一日御会   474
朝棟亭歌会   475−477
建武三年住吉社法楽和歌   477−480
北野社百首和歌   480−482
暦応二年春日奉納和歌   482−484
持明院殿御会和歌   484
金剛三昧院奉納和歌   485−487
玄恵追善詩歌   487−488
為世十三回忌和歌   488−491
経旨和歌   491−493
正平二十年三百六十首   493−500
貞治六年二月廿一日和歌御会   501
貞治六年三月廿九日歌会   501−502
応安二年内裏和歌   502−503
大山祇神社百首和歌   503−505
熱田本日本書紀紙背懐紙和歌   505−517
隠岐高田明神百首   517−520
畠山匠作亭詩歌   520
言葉集 惟宗広言 撰 521−529
定家八代抄 藤原定家 撰 529−563
八代集秀逸 藤原定家 撰 563−565
正風体抄   565−567
五代集歌枕 藤原範兼 編 567−605
歌枕名寄 澄月 編 605−841
飛月集   841−845
高良玉垂宮神秘書紙背和歌   846−853
朗詠題詩歌 尊円法親王 選 853−859
三百六十首和歌   859−865
大嘗会悠紀主基和歌   866−900
極楽願往生和歌 西念 作 900
蒙求和歌 源光行 作 901−927
蒙求和歌 源光行 作 928−948
百詠和歌 源光行 作 948−961
法隆寺宝物和歌 定円 詠 962
佚名歌集   963
佚名歌集   963−965
荒木田永元集   965−966
伏見院御集 伏見院 編纂 967−968
色葉和難集   969−981
和歌会次第 藤原定家 作 981
蓮性陳状 蓮性 作 982
勅撰作者部類付載作者異議 元盛 作 982−983
和歌密書   983
和歌灌頂次第秘密抄   984
玉伝集和歌最頂   984
了俊歌学書 今川了俊 作 985−987
了俊日記 今川了俊 作 987−989
冷泉家和歌秘々口伝   989
歌林良材 一条兼良 作 989−1002
和歌深秘抄 堯憲 作 1002−1003
筆のまよひ 飛鳥井雅親 作 1003
僻案抄 藤原定家 作 1003−1004
古今和歌集古注釈書引用和歌   1004−1018
伊勢物語古注釈書引用和歌   1018−1026
源氏物語古注釈書引用和歌   1026−1054
六花集注   1055−1061
太神宮参詣記 坂十仏 作 1062
小島の口ずさみ 二条良基 作 1062−1063
道行触 今川了俊 作 1063−1064
鹿苑院殿厳島詣記 今川了俊 作 1064
都のつと 宗久 作 1065
なぐさめ草 正徹 作 1065−1066
筑紫道記 宗祇 作 1066−1067
ふぢ河の記 一条兼良 作 1067−1069
吉野拾遺   1069−1070
なよ竹物語絵巻   1070
あきぎり   1070−1071
海人の刈藻   1072−1074
風に紅葉   1074−1076
雲隠六帖   1076
雲隠六帖   1077
雫に濁る   1078
白露   1078
葉月物語絵巻   1079
松陰中納言物語   1079−1081
むぐら   1082
八重葎   1082−1083
八重葎   1083
夢の通路   1084−1085