サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

海と歴史と子どもたちと 高田茂廣先生遺稿・追悼文集

海と歴史と子どもたちと 高田茂廣先生遺稿・追悼文集

  • 高田茂廣先生遺稿・追悼文集刊行会(編集)
作品 著者 ページ
近世における浦の実態 高田茂廣 著 13−65
喫煙教師、脊振山頂で何を想う 杉谷茂 著 69−70
小学校教員時代 永井修介 著 71−77
高田茂廣さんを偲んで 中村元気 著 78−79
高田茂廣先生の思い出 奈田明憲 著 80−87
ラの【フラット】のこだわりに先生を偲ぶ 平嶋一臣 著 88−95
高田先生と過ごした日々 堀田一郎 著 96−100
高田先生との思い出 柳川毅 著 101−104
道なお遠く 高田茂廣 著 105−193
市歴地下室の思い出 麻生善三 著 197−199
彼岸花と高田先生 稲光勇雄 著 200−201
能登福浦にて 児玉雅治 著 202−204
高田茂廣君を偲ぶ 佐々木哲哉 著 205−207
水平線のはるか彼方へ 塩屋勝利 著 208−216
高田茂廣先生の思い出 首藤卓茂 著 217−219
高田先生との出会いなど 塚原博 著 220−222
グルメとたばことコーヒーと 林光則 著 223−225
高田茂廣先生と海・浦・史・詩 秀村選三 著 226−230
最後の郷土史家 別府大悟 著 231−234
高田先生との思い出 横山邦繼 著 235−237
高田さんのうしろすがた 吉積久年 著 238−240
わが忘れえぬ高田茂廣先生 力武豊隆 著 241−244
日吉神社の奉納発句 高田茂廣 著 247−255
古代感愛 高田茂廣 著 255−259
亡びしものに 高田茂廣 著 259−260
ふるさとは緑なりき 高田茂廣 著 260−262
脇山村の産物 高田茂廣 著 262−264
早良の山の資料館 高田茂廣 著 265−266
内野の宿 高田茂廣 著 266−269
早良の炭坑 高田茂廣 著 269−270
早良の街道と宿場 高田茂廣 著 270−272
『福岡藩御用帳』の中から早良郡の記載について 高田茂廣 著 272−275
早良郡の火災 高田茂廣 著 275−276
牛の牧場 高田茂廣 著 276−282
早良の神社 高田茂廣 著 283
志々岐神社 高田茂廣 著 283−286
老松神社の夏越祭 高田茂廣 著 286−288
姪浜の製塩について 高田茂廣 著 288−291
五ケ浦廻船寄港地の旅の思い出 大山和俊 著 295−296
高田先生へ 小川まゆみ 著 297−299
温もりに安堵したひととき 城内彰秀 著 300−301
朝鮮通信使記録解読とその前後のこと 冨永昭男 著 302−308
おりおりの高田茂廣像 鳥巣京一 著 309−310
高田先生と伊万里焼廻船の思い出 中田健吉 著 311−312
高田先生のこと 中野浩之 著 313−314
お土産はチョコレートね 中村順子 著 315−318
老いて師に巡りて 中村嘉明 著 319−321
ご近所の高田先生 早舩正夫 著 322−323
「能古島の歴史家」高田先生に捧ぐ 藤瀬三枝子 著 324−327
初めて古文書講座を受講して 松岡博和 著 328−330
切れぎれの憶い出 三木隆行 著 331−335
詩篇 高田茂廣 著 337−364
詩の海から歴史の海へ 首藤卓茂 著 365−374
父のこと 高田睦 著 377−380
祖父と過ごした日々 高田祥代 著 381−383
高田茂廣氏 石瀧豊美 著 385