サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

児童文学研究・児童文学作家論 ランキング

児童文学研究・児童文学作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

収録作品一覧

作品 著者 ページ
未熟な愛−樋口一葉『たけくらべ』   8−11
感情で学ぶ性−森鷗外『ヰタ・セクスアリス』   12−14
愛すべき母−夏目漱石『硝子戸の中』   15−17
小さな詩人−中勘助『銀の匙』   18−20
父と子の絆−葛西善蔵『子をつれて』   21−23
権力の恐ろしさ−谷崎潤一郎『小さな王国』   24−26
青春の挫折−久米正雄『受験生の手記』   27−29
性の眼覚め−室生犀星『性に眼覚める頃』   30−32
人間の弱さ−志賀直哉『小僧の神様』   33−35
恐怖の幻想−豊島与志雄『白血球』   36−38
大人への媚び−宇野浩二『子を貸し屋』   39−41
門出への贈り物−永井龍男『黒い御飯』   42−44
子どもへの涙−芥川龍之介『河童』   45−47
生命の詩−中野重治『春さきの風』   48−50
ユートピアへの心−林芙美子『風琴と魚の町』   51−53
花に通う心−上林暁『薔薇盗人』   54−56
子どもの独立国−坪田譲治『遊ぶ子供』   57−59
真実を求めて−山本有三『真実一路』   60−62
大人の虚勢−十和田操『判任官の子』   63−65
ままごと遊び−堀辰雄『幼年時代』   66−68
祖母の愛−壺井栄『大根の葉』   69−71
若者のおしゃれ−太宰治『おしゃれ童子』   72−74
本能としての愛−岡本かの子『鮨』   75−77
信頼される教師−長谷健『あさくさの子供』   78−80
愛の痛み−川端康成「ゆくひと」   81−83
狼のエネルギー−石川淳『焼跡のイエス』   84−86
抵抗の美学−織田作之助『六白金星』   87−89
継子への愛−平林たい子『鬼子母神』   90−92
死を凝視する生−田宮虎彦『絵本』   93−95
敵としての父−大岡昇平『父』   96−98
心の神話−北杜夫『幽霊』   99−101
孤独との闘い−由起しげ子『女中ッ子』   102−104
父としての存在−安部公房『棒』   105−107
怒れる若者−石原慎太郎『太陽の季節』   108−111
地獄の生−福永武彦『死神の馭者』   112−114
秘密のにおい−吉行淳之介『悪い夏』   115−117
自己と他者の関係−大江健三郎『芽むしり仔撃ち』   118−120
子どもへの祈り−有吉佐和子『祈禱』   121−123
見せかけの幸福−庄野潤三『静物』   124−126
内心の欲求−開高健『裸の王様』   127−129
ものとして−河野多恵子『幼児狩り』   130−132
大人ぶった別れ−三島由紀夫『雨のなかの噴水』   133−135
悪魔になれる子ども−野坂昭如『子供は神の子』   136−138
たゆとう生命−古井由吉『子供たちの道』   139−141
青春期の友情−立原正秋『冬の旅』   142−144
肉親の中の友情−井上ひさし『汚点』   145−147
子どもの大人気−曽野綾子『太郎物語−高校編−』   148−150
強靭なやさしさ−宮本輝『泥の河』   151−153
夢を育てる心−田辺聖子『欲しがりません勝つまでは』   154−156
秘密をかぎとる感性−三浦哲郎『接吻』   157−159
児童文学の中の子どもと教師   160−185
『次郎物語』における子どもの反抗   186−193
童話にみる友だちづくり   194−200
老人はやさしいだけの存在でいいのか   201−216
日本の児童文学の歴史   218−231
日本の絵本の歩み   232−238
日本近代児童文学の歩み   239−326
戦後に於ける詩の歴史と問題点   327−347
民話と子ども   348−370
怖い鬼からやさしい鬼へ   371−388
妖精的人魚と妖怪的人魚   389−405
名作童話のオリジナリティーを問う   406−422
残酷な昔話ほど面白い   423−430
子どもの読み物とあやかしの世界   431−442