サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
義残後覚    
果進居士 愚軒 著 17−20
醍醐随筆    
犬神 中山三柳 著 21−22
果心居士 中山三柳 著 23−24
髪より滴る炎 中山三柳 著 24−25
西鶴諸国はなし    
夢路の風車 井原西鶴 著 26−29
藤の奇特 井原西鶴 著 29−31
男色大鑑    
伽羅若衆 井原西鶴 著 32−37
人形の恋 井原西鶴 著 37−42
老媼茶話    
猪苗代の化物 三坂春編 著 43−44
杜若屋敷 三坂春編 著 44−50
播州姫路城 三坂春編 著 50−51
一目坊 三坂春編 著 52−54
沼沢の怪 三坂春編 著 54−55
諸国里人談    
森囃 菊岡沾凉 著 56−57
髪切 菊岡沾凉 著 57−58
犬の転生 菊岡沾凉 著 58−59
源五郎狐 菊岡沾凉 著 59−60
新著聞集    
妖猫友を誘う 神谷養勇軒 編 61−62
怪しの若衆 神谷養勇軒 編 62−63
狼婆 神谷養勇軒 編 63−64
恥を知る猫 神谷養勇軒 編 65
成瀬隼人正の念力 神谷養勇軒 編 65−66
水に立ちての往生 神谷養勇軒 編 66−67
夢に臨終の日を知る 神谷養勇軒 編 68−69
妬魂の念仏往生 神谷養勇軒 編 69−70
大悪党の往生 神谷養勇軒 編 71
生魂の寺詣 神谷養勇軒 編 71−72
霊夢三たび 神谷養勇軒 編 72−73
骨、舎利と化す 神谷養勇軒 編 74
冥途の舎利 神谷養勇軒 編 75
裏見寒話    
柳の精 野田市右衛門成方 著 76−78
煙霞綺談    
城主の亡霊 西村白烏 著 79−80
深淵の黄牛 西村白烏 著 80−81
東遊記    
大骨 橘南谿 著 82−84
不食病 橘南谿 著 84−87
西遊記    
徐福 橘南谿 著 88−89
豆腐の怪 橘南谿 著 90
笈埃随筆    
蹲踞の辻 百井塘雨 著 91
八百比丘尼 百井塘雨 著 91−93
異説まちまち    
牛鬼 和田正路 著 94−95
譚海    
紅毛幻術 津村淙庵 著 96−98
梅翁随筆    
仙女伝   99−101
天狗六兵衛   101−103
懐中へ入った石   103−104
半陰陽七話    
男女体を変ぜし話   105−106
婦女男変化 石塚豊芥子 著 107−108
変生男子亦女子の事 根岸鎮衛 著 108−109
青山の男女お琴 大田南畝 著 109−110
青山の男女お琴が後聞 大田南畝 著 110−112
偽男子 滝沢馬琴 著 112−114
仮男子宇吉 滝沢馬琴 著 114−116
雲根志    
天神石 木内石亭 著 117−118
子持石 木内石亭 著 118−119
致富石 木内石亭 著 119−120
牛石 木内石亭 著 120
立石 木内石亭 著 121
夜光石 木内石亭 著 121−123
人肌石 木内石亭 著 123
泣石 木内石亭 著 123−124
石牡丹 木内石亭 著 124−125
飛動石 木内石亭 著 125−126
龍馬石 木内石亭 著 126−127
少女石 木内石亭 著 127
祟石 木内石亭 著 128
石闘 木内石亭 著 128−129
石実 木内石亭 著 129−130
露涌石 木内石亭 著 130
白玉 木内石亭 著 131
金蛇石 木内石亭 著 132
コトコト石 木内石亭 著 133
虹石 木内石亭 著 133−134
耳囊    
怪僧奇聞 根岸鎮衛 著 135−136
牛の玉 根岸鎮衛 著 136−137
妖怪三本五郎左衛門 根岸鎮衛 著 137−138
石中蟄龍の事 根岸鎮衛 著 139−140
呼出し山 根岸鎮衛 著 141
猫の忠死 根岸鎮衛 著 142−144
小はだの小平治 根岸鎮衛 著 145−148
半日閑話    
天女降臨 大田南畝 著 149−150
一話一言    
河童銭 大田南畝 著 151
北国奇談巡杖記    
槌子坂の怪 鳥翠台北坙 著 152
石麪 鳥翠台北坙 著 153
地縮 鳥翠台北坙 著 154
猫多羅天女 鳥翠台北坙 著 154−155
奥州波奈志    
めいしん 只野真葛 著 156−158
狐つかい 只野真葛 著 158−160
影の病 只野真葛 著 161
兎園小説    
怪しき少女 文宝堂 著 162−164
夢の朝顔 文宝堂 著 164−166
うつろ舟の女 琴嶺舎 著 166−169
中陵漫録    
徳七天狗談 佐藤中陵 著 170−171
芭蕉の精 佐藤中陵 著 171−172
石妖 佐藤中陵 著 172−173
猫の話 佐藤中陵 著 174−175
怪獣三題    
山城国の怪獣 橘南谿 著 176
黒青 天野信景 著 177
黒【イ】 大朏東華 著 178
北窓瑣談    
降毛 橘春暉 著 179
パタパタ 橘春暉 著 180
狐の児 橘春暉 著 180−181
水漉石 橘春暉 著 181
乳汁を好む老人 橘春暉 著 182
鶴の昇天 橘春暉 著 182−183
巷街贅説    
転生奇聞 塵哉翁 著 184−187
反古のうらがき    
宮人降天 鈴木桃野 著 188−189
麻布の幽霊 鈴木桃野 著 189−191
閑窓瑣談    
上野の長毛 為永春水 著 191−192
丸木船 為永春水 著 192−194
海録    
天狗小僧虎吉 山崎美成 著 195−196
想山著聞奇集    
物言う猫 三好想山 著 197−198
宮川舎漫筆    
猫の報恩 宮川政運 著 199−200
平田本稲生物怪録   201−273
夜窓鬼談    
茨城智雄 石川鴻斎 著 274−288
伽婢子    
牡丹灯籠 瓢水子松雲 著 291−297
絵馬の妬み 瓢水子松雲 著 298−300
長鬚国 瓢水子松雲 著 301−307
屛風の怪 瓢水子松雲 著 307−309
人面瘡 瓢水子松雲 著 309−311
狗張子    
死して二人となる 沙門了意 著 312−313
男郎花 沙門了意 著 313−317
愛執の蝟虫 沙門了意 著 317−323
因果物語    
女人と変じた僧達 鈴木正三 編 324−325
愛執の蛇身 鈴木正三 編 326−327
曾呂利物語    
荒寺の化物   328−330
耳切れうん市   331−334
夢争い   334−335
諸国百物語    
執拗なる化物   336−337
首の番という化物   338−339
さかさまの幽霊   339−341
乙姫の執心   341−342
化物を化かす   342−344
宿直草    
廃寺の化物 荻田安静 著 345−349
見越入道 荻田安静 著 349−351
たぬき薬 荻田安静 著 351−352
山姫 荻田安静 著 353
新御伽婢子    
遊女猫分食 未達 著 354−356
古今百物語評判    
河太郎 山岡元隣 著 357−358
奇異雑談集    
人を馬になして売る   359−361
西鶴諸国はなし    
傘の御託宣 井原西鶴 著 362−364
雲中の腕押 井原西鶴 著 364−368
生馬仙人 井原西鶴 著 368−371
紫女 井原西鶴 著 371−374
鯉のちらし紋 井原西鶴 著 374−376
新可笑記    
歌の姿の美女二人 井原西鶴 著 377−380
西鶴名残の友    
腰抜け幽霊 井原西鶴 著 381−383
諸国新百物語    
百物語 未達 著 384−386
玉箒木    
碁子の精霊 林義端 著 387−398
多満寸太礼    
柳精の霊妖 辻堂兆風子 著 399−404
執心の連歌 辻堂兆風子 著 404−408
拾遺御伽婢子    
夢中の闘很 柳糸堂 著 409−411
金玉ねぢぶくさ    
鼠の鉄火 章花堂 著 412−414
御伽百物語    
燈火の女 青木鷺水 著 415−418
猿畠山の仙 青木鷺水 著 419−424
画中の美女 青木鷺水 著 424−427
一夜船    
花の一字の東山 北条団水 著 428−430
御慇懃なる幽霊 北条団水 著 430−432
和漢乗合船    
白小袖奇聞 落月堂操巵 著 433−439
怪醜夜光魂    
一念の衣魚 花洛隠士音久 著 440−444
高慢の果 花洛隠士音久 著 445−446
太平百物語    
野州川の変化 祐佐 著 447−449
天狗の縄 祐佐 著 449−450
紀伊国の隠家 祐佐 著 450−454
力士の精 祐佐 著 454−455
陰魔羅鬼 祐佐 著 455−456
御伽厚化粧    
小面の怪 筆天斎 著 457−461
赤間関の幽鬼 筆天斎 著 461−464
御伽空穂猿    
山姑 摩志田好話 著 465−468
新著聞集    
累の怨霊 神谷養勇軒 編 469−472
怪談登志男    
濡衣の地蔵 慙雪舎素及 著 473−475
白昼の幽霊 慙雪舎素及 著 476−480
万世百物語    
変化の玉章 烏有庵 著 481−485
下界の天人 烏有庵 著 485−489
怪談老の杖    
幽霊の筆跡 平秩東作 著 490−492
小豆ばかり 平秩東作 著 493−494
新説百物語    
ぬっぺりぼう 高古堂主人 著 495−496
栗の功名 高古堂主人 著 496−498
人形奇聞 高古堂主人 著 498−501
近代百物語    
手練の狐 鳥飼酔雅 著 502−505
古今奇談繁野話    
龍の窟 近路行者 著 506−518
席上奇観垣根草    
古井の妖鏡 草官散人 著 519−523
怪世談    
飛頭蛮 荒木田麗女 著 524−530
春雨物語    
目ひとつの神 上田秋成 著 531−538
反古のうらがき    
怪談 鈴木桃野 著 539−544
附録    
夷歌百鬼夜狂 平秩東作 編 545−559