サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

収録作品一覧

講座ジェンダーと法 第4巻 ジェンダー法学が切り拓く展望

講座ジェンダーと法 第4巻 ジェンダー法学が切り拓く展望

  • ジェンダー法学会(編)/ 辻村 みよ子(ほか編集委員)
作品 著者 ページ
人権主体と性差 辻村みよ子 著 3−16
性差別と私人間効力 君塚正臣 著 23−38
なぜポジティヴ・アクションなのか 糠塚康江 著 39−51
雇用分野での間接差別・複合差別 和田肇 著 53−66
性的マイノリティと法制度 谷口洋幸 著 67−79
親密圏と「権利」の可能性 齊藤笑美子 著 83−94
親密圏における暴力 岩井宜子 著 95−106
ドメスティック・バイオレンスの被害者と正当防衛の成否 安藤ヨイ子 著 107−122
「セクハラ」を考える視点 水谷英夫 著 123−133
逸失利益論 吉田克己 著 135−148
国際人権の展開とジェンダー平等政策の展望 伊藤和子 著 151−166
ジェンダー平等の担い手論 三浦まり 著 171−184
ジェンダー法学教育研究の課題と主体形成 松本克美 著 189−202