サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
王朝物語は如何にして発表されたか 斎藤正昭 著 7−14
比況表現と引用形式 森脇茂秀 著 15−22
魔女の降誕 土佐秀里 著 23−31
物語における機能としての帝 伊勢光 著 33−39
『伊勢物語』における音楽 近藤さやか 著 41−54
『伊勢物語』東下りと東国章段 近藤さやか 著 55−61
『平中物語』の主人公について 田中勇貴 著 63−70
『うつほ物語』に見られる父に先立たれた娘の造形 三浦則子 著 71−76
うつほ物語の音楽 中川正美 著 77−83
落窪擬音の表現効果 神尾暢子 著 412−416
死者たちのゆくえ 今井上 著 85−93
縦長四半本・藤原定家筆「源氏物語」と大島本との関係について 渋谷栄一 著 95−109
蓬左文庫本『源氏物語』「薄雲巻」の本文について 岡野道夫 著 111−121
蓬左文庫本『源氏物語』「薄雲巻」の本文について 岡野道夫 著 123−130
蓬左文庫本『源氏物語』「澪標巻」の本文について 岡野道夫 著 131−142
源氏物語古注釈断簡管見 日比野浩信 著 143−154
老僧寂湛の源氏物語享受の方法 斎木泰孝 著 155−164
『源氏物語』その〈光〉と〈闇〉の二重奏 長谷川政春 著 165−169
古典の享受・受容から学ぶ文化と伝統 有馬義貴 著 171−175
一条天皇御製歌と『源氏物語』について 徳岡涼 著 177−184
源氏物語の女歌 竹内正彦 著 185−190
語彙と語構成からみた源氏物語 神谷かをる 著 191−198
「心置く」考 中川正美 著 199−207
『源氏物語』の心ひかれる対象とは 難波宏彰 著 209−215
『源氏物語』が描く六月 藪葉子 著 217−222
『源氏物語』の前坊 石川倫子 著 223−231
『源氏物語』高麗人の観相 川口陽子 著 233−241
そのそこの夕顔 竹内正彦 著 243−258
六条御息所のモデルと准拠 斎藤正昭 著 259−266
斎宮女御徽子女王 原槇子 著 267−276
「かかやくひの宮」という呼称 園明美 著 277−283
末摘花の二面性 岩坪健 著 285−301
明石の君の歌 鈴木日出男 著 303−310
『源氏物語』二条東院から六条院の階梯 櫛井亜依 著 311−322
光源氏の寂寥 姥澤隆司 著 323−330
「柳の織物」を着る明石の君 畠山大二郎 著 331−340
光源氏四十の賀に関する一考察 中嶋静香 著 341−350
『源氏物語』の落葉宮 塩見優 著 351−360
蛍の巻の物語論「菩提と煩悩とのへたたりなむ…かはりける」についての一私解 尾崎知光 著 361−365
「紅梅の御方」論 宮崎裕子 著 367−373
『源氏物語』大君の死 塩見優 著 375−380
「東屋」巻の心理描写 奥村英司 著 381−388
『源氏物語』「総角」巻の「いとほし」 陣野英則 著 389−395
浮舟物語における罪と恥の意識 吉村研一 著 397−402
『源氏物語』における字音語 漆崎正人 著 403−411