サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

法と正義の相克

法と正義の相克 (法社会学)

  • 日本法社会学会(編)
作品 著者 ページ
法と正義の相克 木下麻奈子 著 1−6
法的正義と今ここでの正義 阿部昌樹 著 7−29
法と正義の相互作用 太田勝造 著 30−61
法と正義 尾崎一郎 著 62−73
心理学における正義研究パラダイム 大渕憲一 著 74−83
フィクションとしての法システムの自立性をどう考えるか 盛山和夫 著 84−90
法と正義の心理学的基盤 木下麻奈子 著 91−96
「法の目的」論としての正義論と人間科学 内藤淳 著 97−126
進化心理学は「正義の基盤」を語りうるか 平石界 著 127−143
発達心理学において正義はどのように扱われてきたのか 長谷川真里 著 144−153
公正を語ることと感じること 菅原郁夫 著 154−165
法学の視点から 松村良之 著 166−174
「正義」への心理学的アプローチの可能性 唐沢穣 著 175−185
リスク配分をめぐる法と正義 高村学人 著 186−194
紛争処理とリスク・コミュニケーション 樫澤秀木 著 195−214
リスクをめぐる裁判の可能性 渡辺千原 著 215−233
リスク配分の手続き的公正と責任の配分について 中谷内一也 著 234−240
Japan’s Judicial System Reform Council and the“Rule of Law” Lawrence Repeta 著 241−260
国際法社会学会(RCSL)の50周年記念大会と近時の動向 飯考行 著 261−268
木下富夫著『戦後司法制度の経済分析−「小さな司法」とそれからの転換』 金子宏直 著 269−274
吉田勇著『対話促進型調停論の試み』 仁木恒夫 著 275−283
小畑清剛著『「一人前」でない者の人権−日本国憲法とマイノリティの哲学』 吉岡剛彦 著 284−289